2003.10.06 open 


元来のんびりとした性格。
慌てふためいた自分は嫌い。
ボーッとして見えてもきつい事言われりゃ結構傷付く。
せかせかした毎日よりスローな毎日を過ごしたい。
世間の目に惑わされる事なくマイペースで歩いて行きたい…。

そんな私がふと思ったこと、感じたことを書きとめて行きたいと思います。

2012.09.27
 昨日、久しぶりに友人と会いました。彼女は某大手ドラッグストアで、パートとして働いているのですが、『この間ショックなことがあってね。。。 』と話し始めたのです。 内容を聞いてびっくり!
 その日、友人はレジ係で入っていたそうなのですが、そこに小学生の女の子と30代らしき母親とレジに並び、その親子の順番になったとき、女の子が母親に、「この人若いのかな年なのかな?」と訊ねたそうなのです。 皆さんが母親ならなんと答えますか?失礼の無いように、見た目年上かな?と感じても「お母さんと同じくらいかな〜」とか、「自分で聞いて教えてもらってごらん」とか、私ならば言うのですが、その母親は        『見るからにババじゃん。』     と!信じられないような言葉を!!
私は友人の口から聞いただけでも えっ!?と驚愕して言葉が出てこなくて怒りがメラメラ湧いてきたのに、面と向かって言われた友人はどのような心境だったことでしょう…お客様第一ですから、反論も口答えもできません。 似たような経験をしてる仕事仲間から「気にしちゃだめだよ、あんな人は稀なんだから。」と励ましてもらったそうなんですが、家に帰ってから(私があの人に何か悪いことをした!?)と、ココロが折れそうになったと語ってくれました。 こんな思いをしてまで、大学生の息子のために働く友人は最高の母親であり、最高の女性です。本当のあなたを知ってるから、早く立ち直って頑張って欲しいと願いつつ…あの失礼極まりない母親のような人種が増えてきているんだろうなと思うと、これからの未来は?と嘆きたくなります。
2012.02.15
 『店ではなく人につく』この言葉のもつ意味はとても重みがあります。 ささやかながら商売をさせていただいていると身にしみて感じるのです。 スーパーの店員さんにしろ、レジに立つ店員さんにしろ、お水の世界においても、営業マンにしても、その人の人柄や雰囲気、誠実さに惹かれることが多いと思いませんか? あちこち買い物に行くと、その店員さんを探したり、混んでてもその人の居るレジに並んだり。^^。ちょっと担当外なんだけど、なんでも気軽に相談できる営業マンを頼りにしていたりしますよね。 私もそんな人になりたいと常々思っていますが、気が利かないところもあって・・・日々反省と謙虚さを持ち続けなければと思っています。素直に、頑張っている人の成功を喜び、困っている人の手助けをしてあげることの出来る、そんな大人で居られるよう心に刻んで生きたいです。 
2009.10.8
 今日、10月8日は私達夫婦の26回目の結婚記念日です。 25周年の銀婚式や50年の金婚式は誰でも知っていますが、26年の記念式はあるのかな?とふと思ったので、検索してみましたが…やはりありませんでした^^; 次にやってくるのは30年の「真珠婚式」なんだそうです。 ちなみに宝石の世界では毎年記念石があるようで、26年は『星条青玉婚』といって、ブルースターサファイアを贈るのか!?どうか分かりませんが、こちらは我が家には縁遠いお話です。 さて、せっかくの記念日ですが、俊二さんは消防団の定例会(別名、飲み方)に行ってまして、多分、10時頃へべれけになって帰ってくることでしょう。毎度の事ですがね。。。それより頭の中は息子の就職試験のこと…もうすぐ始まる稲刈りの事…藁運びに藁敷き…しばらく忙しくなります。。。体調整えておかなくちゃ。。。
さて、この画像ですが、結婚記念日とは全然関係ないのですが^^; 昨日の午後台風の風雨の一番激しい時間に、子供の同級生のお母さんがわざわざ焼いて、持って来てくださったんです!!私がレーズンパンが好きだと話したら、「今日は台風で開店休業状態だから〜」とお仕事の合間に。。。感激です!!家族皆で美味しく〜あっという間に食べちゃいました(*^_^*) パンと言う事ですが、ケーキみたいに見えるでしょう? モンキーブレッドと言う種類のパンで、コロコロしたパンがくっついてるような感じです。 ホントに美味しかった〜♪
2009.8.28
 名古屋に居るはずの長男が、突然帰ってきました!!!!! 夜8時頃「ピンポン」と玄関のチャイムがなるので、遅くに誰かな?とドアを開けたら…
\(◎o◎)/! まったくーーーーーいつも突然に帰宅して驚かせるーーーーー(ーー;) じいちゃんばあちゃん心臓麻痺起こさないよね…?     大丈夫なようでした。。。ホッ。。。

彼は携帯の開発に携わる仕事をしています。 
どんな仕事してるのか詳しく聞くのですがさっぱり分からなくて.。。^^;息子に3回位説明してもらって、なんとなく分かってきた私です。

いつもこんな感じで帰宅するので、何にも用意してませんでした。食事も布団も。。。だから、おかずは残り物(爆!!)
たまにはまともな(?)帰宅しろ〜〜〜〜〜怒!

2008.4.15
 皆さん、聞いてください!!!!! とうとう我が家にも振り込め詐欺の電話が来たではありませんか\(◎o◎)/!   いえね、隣の義父母宅にかかってきて、父は留守で母が電話に出たのです。 私はちょうどお茶を買いにお客様が来ていたので、電話の会話をチラ聞きしていたんですが、母がしきりに 「は?」「え?」と訳の分からない様な電話で、私に代わってと言ってきたので、代わりに出たんです。 そしたらまぁ〜「宮崎社会保険事務所、総務課の○○と言う物です。」から始まり、次に…でたーーーお決まり文句! 「保険料の還付があります、昨年ハガキでお知らせしておりましたが何の連絡もありませんのでお電話しました。」 この時点で(振り込め詐欺だな!?)と感づいたので、ちょっとワクワクしながらも聞いてみたんです^^; 誰宛にだしたんですか?とか、受け取り方法は?等。 相手の電話がちょっとしどろもどろで、受け取りが銀行に行って頂いて…なんていうものだから、(完全に振り込め詐欺じゃん!!)と確信したので、私、『わかりました。 あなた、振り込め詐欺ですね。』と言ってすぐさま電話を切りました。 確認の為、宮崎社会保険庁に電話したのです。  そしたら『つい先ほども同じようなお問い合わせがございました、年金支給日になるとこの手の電話が増えるんです、ご注意くださいませ。」と教えてくださった。 母一人でいたらどうなっていたかな? 一人暮らしで子供が側にいない親はほんと心配ですよね。 母も日頃は「こんな電話がきたら絶対騙されんようにしっかりしとくが!」と言ってましたが、いざとなるとやはり言葉巧みに誘導されていたかもしれません。 電話の後「お母さん、振り込め詐欺だったよ。」と伝えると実に驚いていました。そう思ってなかったからです。 お年寄りを騙してお金を騙しとろうなんて、なんてフトドキな野郎だ!! 地獄に落ちよ<`〜´>!!
2008.2.10
 今日はちょっとした記念日かも…。たいそうな事ではありませんが^^;
今まで自分の部屋では寝ずに、ずっと私達と一緒の寝室で寝てた末っ子。 なぜか急に 「今夜から自分の部屋で寝たい!」 と言いまして。。。9時過ぎ、お布団の移動をいたしました(笑) なんでかな〜心境の変化!? まだ声変わりもしてないし、ドラえもんのアニメが大好きなお子ちゃま
なはずなのに〜〜〜だんだんと大人への階段を上がっていくんですね〜。 お兄ちゃん達はすっかり大人になって、この子だけが幼さが残り、ふっくらほっぺももう触れなくなるかな? あれ!?私の方が子離れできてないんでしょうか!?
2008.1.25
 おぉ!気がつけば半年振りの更新!! そんなにしてなかったっけ〜〜〜^^;? 
それでは今朝のドジ話をひとつ。。。   いつものようにAM5:30頃起きた私。 お弁当を作ろうと、炊飯器のふたを開けたとき、「なんか違う!?」 そう、、、、お釜のそこにご飯粒がくっついていたらしく、約8合のご飯が半生状態。。。あぁぁーーー(-_-;)!! 急いで圧力鍋で炊いたので、お弁当用は間に合ったのですが、8合ものお米…実に勿体無い!!! とても食べられるような味ではないけど、捨てる事なんて出来ない! しばらく悩んで考え付いたのが、昨夜の寄せ鍋の残りにぶち混んで、雑炊にしたら良いんではないか!?と、思いついたのです。 いつもより少し長めに煮込んで、おそるおそる食卓に運んで食べてみました。。。   「おぉぉ美味しい!!、捨てなくてよかったぁ〜〜〜! でもっ、今朝使ったのは4分の1位の量^^; まだまだたくさんあるんです(苦笑) 明日も、明後日も…多分うちの家族は雑炊やお粥を食べさせられてるかもしれない。。。
2007.7.28
 連日こちらは猛暑です…!天気予報で最高気温が表示されると、大概34度。。。はぁ〜…と毎朝ため息も出てしまいますねぇ〜^^; 汗疹もなかなか治らずに、ついついポリポリ掻いてしまいます。 俊二さんの知りあいの方が汗疹には桃の葉の煎じたものがいいよと教えてくださって、わざわざ葉っぱも持って来てくださったのです!! さっそく煮出して、小さなスプレーボトルに入れてシュッシュッとやってます♪ なんだか…よさそう!?
また後日ご報告しま〜す^^; 
 この気温の中、子供達クーラーもつけずに、耐えてます。。。!! 勉強する時はつけていいよと言ってるのですが、「いや〜いい。」と言って漫画読んでます(爆!!) …てーことは勉強はやってないってことですね(納得) でも、わが子ながら我慢強いのねーと感心しちゃいました^^; 家の中でも気温が高ければ熱中症になるとTVで見たので、我慢しすぎもよくないとは思いますが、彼らは水分はよ〜く摂ってるようです。 冷蔵庫の冷茶があっという間に無くなってます。 安上がりで助かるわぁ〜(笑)  明日はどこか涼しいところに連れてってあげましょう♪(*^_^*)♪
2007.6.9
 今夜9時半、仕事を終え家に上がったら…



               「げげぇぇぇぇーーーーなんじゃこりゃ!?」


   洗濯機の扉が、、、なぜにこのようなガムテープぺたぺたの姿に…唖然とするやらなんやら。。。

どうも末っ子がボディアタックしてしまったみたいで…話を聞くとわざとではなくて、勢いあまってそうなっちゃったみたいで^^;  120%ぐらい反省していたので怒らずに許してあげました(^_^.)
2007.3.26
 今年のインフルエンザはとってもしぶとかった…!…っておとなしく寝てない私もいけなかったのですが…^^; ちょうど1週間前に発熱が始まり、引いたと思ったら咳が止まらず、さらに熱がぶり返し…熱は二日でひきましたが、咳は相変わらず。。。とうとう病院のお世話になってきました。。。 自分の風邪よりも、今日は二男の高校説明会だったので、そちらの方が気になっていました。 少々の事なら、熱が無ければ大丈夫と思っていましたが、俊二さんが連れて行ってくれることに…。 こんな時は、自営業ってありがたい〜〜〜!と、思わずにいられません^^; お勤めの経験がある方なら、(お休みを下さい)の一言がどんなに言いにくい事か分かりますよね〜(苦笑) 隣の母も何度か様子を見に来てくれて、周りの皆に迷惑かけっぱなしです。。。m(__)m 
そして、俊二さん。午前中いっぱいかかった説明会から帰宅後、午後はまた、教科書その他の必要なものを買い揃える為に、二男を連れて買い物にも行ってくれました。 今日はひたすら家の中で安静に過ごして、早く良くなるように心がけました。 早く元気になってお仕事頑張りま〜す!!
2007.2.25
 外は冷たい雨が降る日曜日。 ここのところ完全休日の無かった我が家。 (半日とかはありましたが…^^; ) 朝のうちは雨が降ってなかったので、俊二さんは午後から雨が降ってくるものと予想して、昨日の続き、春整枝に茶園へと向かいました。 ところが…10時過ぎには結構激しい雨が降り出して、間もなく俊二さんも帰って来ました^^; 思うようには行かないのが外の仕事、自然相手の仕事〜(苦笑)  私は私で、お茶の注文を頂いたので、午前も午後も配達に行ってきました。 注文をくださったお二人は、 どちらも高齢の女性で一人暮らし。 外出も間々ならないほど足腰弱っておられます。 一人暮らしですから1回の注文の額はそんなに多くはありませんが、それでも、うちにお電話くださるのですから、ありがたいこと! 喜んで配達させていただきます!! 持って行くと、いつも 「ごめんね〜ガソリン代もないね〜」と、申し訳なさそうに言って下さいます。 高齢の一人暮らし…そう思うと、たとえ1本でも持って行ってあげたくなるのが人情! ってもんで^^; 私の母も一人暮らし。 まだまだ元気だからたまに行くだけですが、左隣に住むおばあちゃんも一人暮らしで、お互い助け合いながら暮らしているようです。 遠くの親戚より近くの他人だなぁと思う、今日この頃なのです。。。
2007.1.24
 今日は、ネットで知り合えた友人と逢える機会に恵まれました(*^_^*) 今朝になり急に決まったのですが、これから私もだんだん忙しさが増してくるし、今日は俊二さんもJA青年部の研修旅行で明日まで居ません! このチャンスを逃したら次はいつになるか分からないから、行ってきました♪ 車を走らせる事1時間。 あるショッピングセンターの駐車場で待ち合わせ。 いつも思うことだけれど、やっぱり初対面という気がしない(笑) 共通の趣味で知り合ったものだから、その話題になると話が弾みます〜♪ そして、ナント偶然にも、お互いある人の知り合いであることが分かり、その方もかけつけて下さって、ほんと楽しい2時間半を過ごしました^^ こんな偶然てあるんだなぁ〜(笑) 
今まで逢えたネットの友人は、、、兵庫、福岡、鹿児島、千葉、青森、福島、そして今日は1時間はなれたところにすむ同じ県内の人(*^_^*) みんな私にとって宝物みたいな人たちです♪ 
2007.1.17
 阪神淡路大震災から、もう12年経つのですね。。。6千人以上の命を奪ったこの大災害のこの日を、私は はっきりと覚えています。 TVで映し出された町の様子はまるで戦争の爆撃でも受けたように、家々は壊れ、あちこち火災も発生し、これが神戸の町!?と、目を疑いました。 この大地震が起きた日、我が家でもちょっとした事がおきていました。 それは、地震のニュースを知る前、双方の両親に4人目を妊娠した事を伝えたことから始まったのです。 私達夫婦は皆が喜んでくれるものと、多少は心配されても家族が増えることを喜んでくれると思っていたのです。 …でも、帰ってきた言葉は 「今時4人なんて、何を考えてる!?」という叱責のような言葉でした。  内心、こんなこともありうると想定はして、心のどこかで覚悟を決めていました。 ですから何を言われても耐える事は出来ましたが、その時は眠れないほど悲しかった事を思い出します。 結局は私達夫婦の意志が固く、回りが渋々折れて認めたという形になりましたが、その子ももう11歳。 今では皆のマスコット的存在と言いましょうか、祖父母はもちろん限りない愛情を注いでくれています。 せちがない世の中ですが、本当に命は大事で、皆一人ひとり大事な命を持っています。 誰一人として不要な人などいないと思うのですが、悲しいかな、世の中は命を軽んじていく方向に進んでいるようで、これまでのつけが一斉に払われているような気がしています。。。 
2007.1.9
 末っ子が初めての一人旅から帰って来ました。^^ こころなしかたくましく見えなくも無い(笑) 親元を離れてこんなに何日も、あんなにも遠くに行った事はありませんでした。 いとこのうちに泊まるのとは違って、回りは他人だらけ。 言葉も習慣も微妙に違う北海道では、新しい事発見の連続だった事でしょう。 自分のものはほとんど買わずに、餞別をくれたみなさんに、ちゃ〜んとお土産を買う事も忘れずに、(お〜大人になったなぁ)なんて、心の中で母は喜んでおります♪ あちらのお母様から、「あんまり食が進まなかった…」と、聞いていたので、好き嫌いの無いこの子が、あんまり食べないなんて、よほど緊張してたんだなぁ〜と、思っていたら、我が家に到着後トイレになが〜い時間居ること…! 出てきた息子に、「あっちで出たの?」と聞いたら、「ううん、一度も出なかった。」 …!!! ぎぇー、一度も出なかったのかいっ…!? そりゃ、食欲も落ちるわ〜はぁ。。。
汚い話ですみませんが、その後、うちのトイレ、詰まっちゃって(笑)^^;
でも、今日は元気に登校していきました。 クラスの皆にお土産持って♪(*^_^*)♪
2006.12.20
 今年も残すところ、あと10日あまり…ぼちぼちとお正月を迎える準備をしています。 でも、家族の中で、みゃ〜だけは病気と闘う日々を送っています。。。一向に良くならないみゃ〜、思い切って先生に血液検査をお願いしたのです。
前足から血液を抜き、待つ事10分…結果は…「白血病」でした…。 もうショックで、先生の説明を聞きながら涙が出てしまいました。 せっかく家族になれたのに。。。今日も病院に連れて行き、食欲のないみゃ〜にビタミン剤や、食欲増進剤を入れた注射をしていただきました。 どうか奇跡が起きて欲しい、元気になって皆を困らせるほどいたずらして欲しい…。 今は、希望を捨てずに精一杯の世話をしてあげようとそんな気持ちでいっぱいです。
2006.11.25
 先月、寒くなってきた頃から 「みゃ〜」が少し風邪気味でした。 鼻水が出たり、クシャミをしたり…でも、少々の事なら自力で治すだろう!と軽く考えていたのです。 今月になってからも相変わらず鼻水が出たりで、食欲も落ちてきました。 抱っこすると確かに軽くなったような気がします。
炬燵を出してからは、ずっ…と入りっぱなしで、 (この子、何時間寝てんの!?)と、思うほど。 こりゃ自力で回復は無理かな?と思ったので、やっと病院に連れて行ってきました。  あららっ…40度の熱が…(ーー;)  ゴメンネ、みゃ〜。 もっと早く病院に連れて行ってあげるべきでした…。体重も夏に比べると、1kgも減っていました。 お高い注射3500円^^;を、打ってもらって、なんだか今は少し元気が出てきたように感じます。 でも、これは一時的なもので、熱さましも注射に入れてあったから、また熱が上がるかもしれません…。 絶対外には出さないように!と、先生にしっかり言われて、ついでに 「この子、寒さに弱いね〜」と、言われてしまいました。。。うちにやってきた時は、痩せた子猫でした。 きっと何日も食べてなかったに違いありません。 体が弱いのもその影響があるでしょう。 また先生のお話では、夏に頬をかまれた時、猫エイズに感染した可能性もあるとのこと。 しかし3〜4年経たないと発症しないので、感染してるかどうかは今の時点では分からないそうなのです。 自由気ままに暮らしてるみゃ〜だと思っていましたが、猫の世界もなかなか大変なようです…。  
2006.11.19
 あれほど雨が降らなくてやきもきしたのに、昨日は一日中冷たい雨。。。これからの週間天気予報を見ると、雨の日が多いようなのです…(-_-;) 23日の即売会は晴れて欲しいですが、予報では雨です(T_T)
昨日は雨休日になったのですが、俊二さんは朝から交番の草刈り、その後も消防団車庫でホースの片付けや、備品の手入れなどで一日家には居ませんでした。 ですが、どうしても今日行きたいところがあったらしく、帰るなり 「○○電気、行こう!」と、私も半ば強制的に引っ張られていきました。 実は、携帯電話を替えたい俊二さんなのでした。 使用頻度が高い夫の携帯はしょっちゅう充電しないと、使えなくなってきていたのです。私はそんなに頻繁には使わないので、このままでいいと思っていたのですが…ついでだから一緒に変えよう!と言ってくれました。 まぁできればもっと軽ければいいなぁ〜とは思っていたので、甘えて私も替える事にしたのです。 今の機種、俊二さんは1年とちょっと、私は2年4ヶ月も使っていました! ポイントも使わずに貯めていたので、二人で17000円かかるところが、ポイント使って、たったの500円払うだけで、変更できました!! おぉ〜すごい儲けた気分!! 待ち時間もわずか30分ほど。 2年前は2〜3日待っていたような気がしますが。。。^^; もって帰ってからは、二人して説明書片手に使い方の勉強? 見にくい細かい文字を眉間にしわ寄せ、あれこれ設定しました。 あぁぁぁぁもう目が疲れて、軽く頭痛もします。。。そのうち高齢者用の文字のデッカイ携帯に変えなきゃならなくなりそうな。。。(笑)^^;
2006.9.29
 猫のみゃ〜が我が家にやってきて、昨日でちょうど一年になりました。 いつ産まれたのか?分からないので、やってきた28日を誕生日にすることにしました。 末っ子が、「お母さん、みゃ〜の誕生日なんだから、豪華なキャットフード買ってきてよ!」と言うので、一日遅れでお祝いしてあげようと思っていたら、実家の稲刈りのお手伝いに行った私…すっかり忘れて何にもなし…^^; ごめん!みゃ〜m(__)m
 さて、マイペースのお転婆みゃ〜ですが、昨日は雀をくわえて帰って来ました!! まだヒクヒク動いて生きています…驚いて末っ子を呼びました。 「みゃ〜が、雀捕まえてるよ、来てごらん!」 すえっこも驚いていましたが、「ダメだよ、みゃ〜。」と、みゃ〜の口から雀を取り上げ、自分の手の中へ。 どうしよう?と聞いてきますが、瀕死の状態、この雀が元気に飛び立つことはまずありえません。 私は末っ子の判断に任せる事にしました。
彼は、また、みゃ〜がくわえないように、大きな虫かごの中に入れ、時々様子を見ていました。 やがて動かなくなりとうとう死んでしまったようでした。 すると、裏の畑へ行き、スコップで穴を掘り、新聞紙にくるんで埋めてあげていました。 小さな枝を立て、お墓を作ってあげていたのです。 祖母は「雌猫は子育てをしなくちゃならんから、本能で鳥やら取っとよ〜。」と、声をかけていました。 翌朝も末っ子はお墓に手を合わせて学校へと向かいました。 小鳥も動物も人間も同じ命。 命は大切な物と、末っ子は知らず知らずのうちに学んでいるのでしょう。 
2006.9.18
 台風一過の今日は、敬老の日。 都城には日本最高齢の男性(111歳)が住んでいらっしゃいます。 それもすぐお隣の町。 酒もタバコもやらない、毎日新聞を読み、気になる記事や日記は必ず書いておられるとの事。 規則正しい生活が長生きの秘訣の一つであるように感じました。 うちの父母もとても元気ですが、先週は母が白内障の手術をしました。 そして明日はもう片方の眼の手術です。 大変だけど、きっと1ヵ月後は良く見えすぎて困るくらいになるかもね〜(笑) 午後、子供達が敬老の日だからと、二男は似顔絵を、三男は手紙と、末っ子はご馳走と(すきやきです^^;)感謝の言葉を。 おばあちゃんはとても喜んで、似顔絵は茶の間に貼り、手紙は財布の中にいれて、持ち歩くそうな。 その後の母の言葉がおもしろかった。 「うれしもうれし〜〜〜十円玉くらいの涙がぽろんぽろん出たが〜。」(うれしすぎて大きな涙が出たということです) こんなに喜んでもらえると親の私もうれしいよ〜〜(*^_^*) 実母より長く一緒に暮らした母ですから、もうすっかり私の母です。義母と言う文字はあまり使いたいと思いません。 まだまだ頼りにしてるからね〜元気でいてね〜。頼りない嫁より(^^ゞ 
2006.8.12
 昨夜8時過ぎ、名古屋に住む長男が帰って来ました。 今年も電車を乗り継ぎ、「青春18切符」と、いう格安なJRのチケットで帰ってきたのです。 各駅停車なので、時間はかかりますが、こんなのんびり旅は、大人になってからはなかなか出来ないことです。 少々羨ましく感じます。 私自身は高校を卒業するとすぐ就職して、2年後には結婚したので、友人同士の楽しい旅行など経験がありません。 今は皆、気軽に海外に出かけたりしますが、旅慣れてない私は、とても一人では行けそうにありません。。。^^; 
 長男も、秋にはインターンシップが始まります。 じっくり選んでやりがいを感じる企業に就職してもらいたいものです。 都会の企業に関してはあまり良くわからないので、相談されても彼が満足できるような返事は出来そうにありませんが、せっかく就職しても2〜3ヶ月でやめてしまうようではちょっと根性なさ過ぎのような気がします。^^; きっと一度や二度は「辞めたい…」と弱音を吐いてくるでしょう。 そんな時は 「せめて1年はキバレ!!」と、励ますしか出来ないでしょうね。。。そう、大変なのはあなただけじゃない…みんな同じスタートラインから始まるんだから。 キバレ、キバレ、きばりやんせ〜!(長渕風)(笑)
2006.6.9
 昨日、学校から帰るなり 「お腹痛い…」と、トイレに駆け込んだ三男。 まだ茶工場の掃除の途中だった私は、ウンチ出たら治まるよ〜と簡単に考えて、仕事を続けていました。 6時過ぎ上がってみたら、夕方より具合は悪くなっていて、吐き気も。。。 かかりつけ医に電話すると、医師会の会合にこれから出かけるとの事だったので、7時前に救急病院へ。 二男、四男がいるので、とりあえず、俊二さんに連れて行ってもらいました。 病院だから携帯は使えないので、連絡待ちなのですが、いつまでたっても帰ってこないし、電話もなし。 ようやく9時前に電話があって、「盲腸を疑って、検査を進めてもらってる。結果待ちしてるところ。」 俊二さんは夕食もまだだったので、交代しようと、9時ごろ家を出ました。隣の義父母宅はもう電気も消えて真っ暗闇。 まだ結果も分からないことだし、起こしちゃ悪いと思って、そっと出ました。 ようやく結果が出たのが10時過ぎ。 「やはり盲腸です、早く手術することをお勧めしますが…。」と言われて、早くても明日かあさって?なんて思っていたら、「できればこれからしたいと思います。」と先生に言われて二人とも「えっ!?今から…!!」 こんな遅くなってからいきなり手術なんて出来るもんなんだと、そっちのほうに驚いてしまった(^^ゞ。 手術と聞いて、バリバリ緊張の三男。 なんだか顔面蒼白になってきた(笑) 私は小学校の時経験済みだったので、そんなに大きな手術じゃないことも、退院も早くできることは分かっていたので、冗談などいって三男をリラックスさせていました。 さて、気になる家のほう。 義父母に連絡をしなきゃという私に、俊二さん「余計な心配かけて、眠れなくなるといかんから言わなくていい。」というので、手術が無事終るのを待って、三男と少し話してから、家路に着きました。(ここはHCUのお部屋で付き添いはいりませんとのことだったので) で、今朝、報告をしたのですが…いやいや…母激怒!!!!! 「なんで言わん!?」 故意にいわなかっんじゃないんですが…。 私達は余計な心配をかけたくない気持ちがあったし…。いや、こう言われるのは予想できていました^^; 長年一緒に暮らしてれば、どんな性格でどんな考えで…というのは十分分かっていたのですから。 俊二さんに 「気を回しすぎるのはやめよう。」と話し合った朝でした。。。しかし、三男に早く逢いたいけれど、親であっても午後2時からの面会時間にならないと逢えないので、待ってる時間がとても長く感じます。。。
2006.4.13
 突然ですが、千葉に住む、メル友さんと逢って来ました^^。 うちとリンクさせていただいている、「MAHALO」のラナちゃんです♪ 鹿児島のお友達のところに行くと連絡があり、空港でわずかな時間ではありましたが、逢って、お話してきました。 まだうら若き独身女性のラナちゃんは、色々刺激をもらってる存在なんです。(^^) インターネットを始めてから、日本中にメル友さんが出来て、今日までたくさんの方に逢うことができました。 まだまだお逢いしたい方がたくさんいらっしゃいます! これからの楽しみなんです♪  にしても…鹿児島空港まで、一人で運転して行ったのは初めてです^^; 方向音痴の私が、長距離を一人でなんて今まで考えられなかったこと! 昨年あたりから、自分自身の中の考えが少しずつ変わってきて、 年だから、どうせ無理だから…とあきらめがちだった何もかもでしたが、やっぱりこれじゃいけない!! と、強く思うようになったのです。 誰のための人生? そう思ったとき、家族のための人生であるのもいいけれど、また、自分の人生でもあるのだということを、強く感じました。 だからといって、家族に対してわがままを通したりなどはもってのほか。 やるべきことをきちんとやって、その上で自分の時間をいただこうと思っています。 
2006.3.20
 今年に入り、病院通いの多い我が家。 三男のインフルエンザから始まり、夫、四男に感染。治まったかと思ったら、今度は二男が左足を痛がり、かかりつけで看てもらったけれど原因が分からず、外科を紹介してもらう。 そこのレントゲンでも原因不明で、今度はMRIを撮りに別の病院へ。 が、しかし、それでも痛みの原因分からず????最初、看て貰ったかかりつけ医は「成長痛も考えられるね〜骨の伸びる音聞こえるんだよ〜。」と、真面目な顔して言っていた、、、ホントかい!?(ーー;) 結局、リハビリに通っています。。。その後は、三男の腹痛、夫の花粉症、さらには四男の皮膚のカサカサ! 「看たところアトピーみたいだね〜」と先生。 今まで、アトピーとは無縁の我が家だったから、なんで今頃!?と思ってしまう。。。それにしても医療費、すでに何万円も支払った。 今まで医療費控除なんて使ったことはなかったけれど、 今年は使えそうかも!? 唯一病院とは無縁なのがワタクシ♪ なんて優良児なんでしょう^m^♪
2006.1.31
 ずぼらな妻と、神経質夫。 まさに私達夫婦はそういえると思います^^; 三男がインフルエンザにかかり、一応母親として、病院に連れて行き、薬を飲ませ、頭を冷やしてあげて、様子を見ていました。 私はこれでいいと思っていたら、夫はさらに吐くときのための洗面器をセット!空気清浄機をセット!食べられない時のためにゼリー状の補助食も枕元にセット! …(-_-;) 確かにこれらも必要だけど…。 それでも一番子供の側にいる時間が長い私、次にインフルエンザにかかるなら、私が一番確率が高いな〜と半分覚悟を決めていたのです。 夫は外から帰るとまず手洗い、塩水でうがい、を心がけていました。 相変わらずこまめにやる人だね〜と半ば感心しながら見ていたんですけど。。。^m^ププッ、夫がインフルエンザに感染してました〜〜〜(笑)   夫は何かあるたびに、前もって準備万端でなくては動けない人です。 私は行き当たりばったりでもいいかぁ〜とノー天気なタイプ^^; 二人合わせて2で割ればちょうどいいかも?と常々思います(^^ゞ 
2006.1.4
 正月、3日目。 今日は特に出かける予定もなく、うちでのんびりしようと決め込んで、去年から撮りためておいた映画のビデオを見ることにしました。 「半落ち」 「世界の中心で愛を叫ぶ」 この二つを続けて見たのですが、どちらもヒットした映画だったので、もちろん感動しましたが、それ以上に思ったのが、二つの映画に共通する、骨髄バンクのことでした。 苦しんでいる人のお役に立ちたい、 誰にでもそんな気持ちはあるもの。臓器提供カードには全臓器の提供をしたいと書き込んでいますが、骨髄バンクのことは知っていても、登録するまでには至っていませんでした。 このビデオを見たことが、いい機会だと思い、関連サイトを捜してみました。 知らないこともたくさんです…適合者があられると、5人の候補者が選ばれること、さらに何度も検査が行われること…ドナーとして選ばれたら、最低でも四日ほどの入院が必要なこと、1リットルもの骨髄液を採取されること…等。 リスクがまったくないわけでなく、過去には日本でもドナーの死亡例が1件あったとのこと…人により、高熱が出たり入院が1ヶ月も長引くなど、安易な気持ちでは登録は無理な気さえしてきます。 それでも、登録をされた方々は ”患者はもっと苦しんでいる” その一言につきるのです。 長男のクラスメートも白血病で17歳という若さで、この世を去りました。 未来ある人を救えるのなら、ぜひ、ドナー登録をすべきだと思い、私達夫婦は、近々登録に行くことにしました。 
2005.8.14
 「デブ猫・ガーフィールド」 これはケーブルTVでやってるアニメで、末っ子が時々見ています。 主役のガーフィールドはいかにも意地悪そうで、態度もしゃべりもふてぶてしくて、憎たらしくなるような猫なんですが…こんな猫が身近にいたんです…!!
時々、うちの庭を体の大きい黒猫が、のしのしと我がもの顔で歩いていたのですが、どこかの飼い猫だろうな…位にしか思っていませんでした。 ある日のこと。お昼ごはん用に作っておいた、おにぎりとから揚げ。ちゃんとラップをかけておいたのに、どちらも破れて、から揚げはお皿から1個落ちています。 「あれ〜?」 子供たちがつまみ食い?! 聞いてみたけど 「僕たちしらないよ〜。」 そうだよね〜こんな不自然なつまみ食いなんかしないよね〜〜〜…。 不思議に思いながらも、それから2〜3日後。工場から、勝手口の方へ、すたすた歩いていたら、突然勝手口からあの黒猫が飛び出してきたではありませんか!! えっ?ちゃんと網戸は閉まってるのに!? 網戸をよく見ると、その日は風が吹いていて時々風に押されて、下の方がフワ〜とふくらみ、隙間が出来ます。(勝手口はプリーツ網戸で、安物だからレールは上の方だけ^^;) それを見ていたらしく、そこから入り込んだようでした。 怒りがメラメラ燃え上がってきて、すぐさまその黒猫を追っかけて、小石を投げてみましたが、当たりません…。 それからはあの黒猫を見かけるたびに追っかけるというバトルを繰り返していましたが、そのかいあって?見掛けなくなったのです! それで安心した私。 油断したのがいけなかった…それまでは下の方にダンボールを置いて、絶対入れないように気をつけていたのに、その日ははずしていました。 いつものように、外から勝手口に向かうと、またあの黒猫がっ…!! しょーこりもなくっ…!! 台所をみると、食パンの袋が食い破られていました。怒りが頂点に達し、うちにいた子供たちについついあたってしまいました…^^; あの猫、きっとこう思っていることでしょう。 (まったく学習能力のない人間だ…)って。 くっ、、、くやしい〜〜〜〜!!!!!
2005.8.12
 10日の夜、突然、長男が帰ってきました。何も連絡なしに、電車を乗り継ぎ乗り継ぎして二日間かけて…。 まったく毎度毎度ビックリさせてくれる子です。 去年も確か、予定の一日早く帰ってきたんですよね。 いるはずのない人が突然目の前に現れるのだから驚きます!! 
今回初めて名古屋から電車で帰ってきたのですが、飛行機と違い、乗り換えのたびにホームを移動しなければならなかったり、切符を買ったり、いい経験をしたようです。 
田舎にいると電車に乗ることがほとんどなく、移動は主にマイカーです^^; バスすらあんまり…いいえ、ここ10年ほど乗った記憶がありません(笑) 都城のちっちゃな駅ならともかく、大都会の駅なんて、もう迷路のように感じてしまいます。 人の流れがすごくて目的地に向かってさっさと歩かないと、とんでもない方向に連れて行かれちゃいます〜〜〜(^^ゞ ちょっと恐怖ですね…。 都会の人って、なんて歩くのが早いんだっ…!!
2005.7.30
 う〜〜〜2ヶ月も更新していなかった!? 月日が経つのは早いものですね〜。。。 3番茶もあと、1週間か10日?そのくらいで終わりそうです。 昨夜は製造が早く終わったので、久しぶりに家族で外食なんぞ行ってみました♪ 子供たちに 「どこがいい?」 と聞くと 「杜でいい〜〜〜!」 の返事。 私もここがいいと思っていたし、あれこれ悩まなくても 「食事を5人分お願いします。」と言うだけで、今日の日替わりを出してくれるから^^; (ここは昼も夜も日替わりの食事が出ます) 今日のメニューは チキン南蛮・お豆腐のスープゼリー寄せ・南瓜のお味噌汁・お漬物 でした。 家と違って涼しく雰囲気も良く、料理も美味しいものだから、いつもは食の細い3男がお代わりまで!! そして極めつけはこのセリフ! 「なんか〜久しぶりに肉食べたって感じだぁ〜、だっていつも苦瓜料理ばっかりだったもん。苦瓜の天ぷらとかさぁ〜。」 …言葉のない私…確かに野菜料理ばっかりだったけど、別に肉食べなくっても病気になるわけじゃないし〜たんぱく質は豆腐や納豆で摂れるし、たまにゃ肉も食べてたしっっっ! ベジタリアンは栄養失調か?って言ったらそうではないよね。マイケル・ジャクソンだって、ミミ・ロジャース(トム・クルーズの最初の奥様)だって、健康的だし…私の両腕にはしっかりと力こぶもある!!(笑) この年になると、あんまり肉を食べたくなるのも自然なことなんじゃないのかな? 
フフフ…今夜は苦瓜とキューリと豆のカレーだぞっ!!^m^
2005.5.30
 田んぼに行き、ある一画を見ると、いつも思い出す話があります。 その一画だけ竹が生い茂り、誰も手を入れたりしません。 
ここは「栄原寺」と呼ばれる田んぼの集落です。 名前からここに昔お寺があったことがお分かりになるでしょう。 うちの田んぼの中に、寺に行くための道路が通っていて、何年も耕運しているにもかかわらず、そこだけ固く、道路があったのだと認識できます。 そして、このお寺にまつわる悲しい話を聞いたのは、ここ2〜3年前。 田んぼの作業の休憩中に、母がポツリと話してくれたのです。
 ここにお寺があったのは、とても貧しかった頃。 子沢山の農家はとても育てていくことができず、わずかなお金を出して、子供をお寺に引き取ってもらっていたとのことでした。 しかし実際は…その子供らは引き取られてすぐに、大人の手にかけられ、ある一画に埋められたという話です。貧しさゆえに親も子供がどうなるのか分かっていて、引き渡していたという悲しい真実の話です。 その竹やぶはいまでもあります。 回りが区画整理されても、そこはきっとそのまま残るのでしょう…。
2005.5.20
 ふと気付けば、このページ、もう1ヶ月以上も更新をしていませんでした…^^; 日々想うことは色々あるけれど、仕事から上がった後は体力使い果たし、目もかすみ、メールチェックするのがやっと…。 
 それでも番茶も終わりに近づき、来週で茶摘が始まって1ヶ月経とうとしています。 この間、BBSに書き込みしてくださったみなさんの励ましは、なによりうれしいものでした(^^)  あらためて、ここでお礼申し上げます=^_^=  そうそう、もひとつうれしいこと! 体重が2.5kgほど減りましたぞ!! 久しぶりに体重計に乗ったら 「あらまっ!」 うちの体重計は体脂肪率もでるのですが、20%だって!! 自分で信じられな〜い、オホホォ〜♪ 
あ、でもきっと今時期だけ。 秋になりごはんが底なしのように入る季節には、元通りになることでしょう。^m^
2005.3.28
 この3年間、家族でとてもお世話になった先生お二人。 とうとう転勤されます。 正直これまで「先生」と名のつく方々は敷居が高い感じがして、そんなにお話しすることもありませんでしたが、都城弁で話しかけてくださる気さくな人柄に、家族みんな、いえ、他の皆さんもとても親しみを感じていたのです。 今日、たまたま小学校からお茶の注文が入り、配達に行ったところお二人と逢うことができ、最後の挨拶を…と思っていたのに、顔を見たとたん、涙ボロボロ。。。ろくな挨拶も出来ずに、家に帰ってから(なんておばかなんだぁぁぁ〜!)と、自己嫌悪。 すみません、先生。 感謝の言葉もろくろく言えなくて…。 でも、ほんと感謝してます(涙) 
2005.3.8
 いつも寝坊してる末っ子が、今朝はまぁ〜早いこと!5時50分頃に起きてきました! なんでかって、そりゃ〜今日が遠足だからなんです(^^) こんな楽しみな日は起こさなくっても起きるものなんだと、DNAにインプットされてるようです(笑) 運動会と、遠足と、休日の朝。 シャキーンと起きれて、なぜ学校に行く日はなかなか起きない!? あはは、親の私も子供の頃そうだったもんなぁ〜^^; 聞かなくってもわかります(^^ゞ
お兄ちゃん達はこんな行動はもうしなくなって、マイペースの生活。 末っ子のこんな行動は、生活に笑いと、心に潤いを与えてくれるようです(*^_^*)  最近、笑わせてくれたことに、こんなことがありました。 お風呂に入るとき、服を2枚まとめ脱ぎするので、それが3日も続いて、 「こんな脱ぎかたしたら、もう洗いません!!」と注意したのです。 そしたら翌日、汚れ物を入れるかごの中に、丁寧に一枚一枚たたまれた洗濯物が…。「はぁ?これから洗うのに…!?」なんだかおかしくって、思い出すたび苦笑いの私です。どんなにおばかな行動をとったとしても、癒されてるのは確かでしょう(笑)
2005.3.1
 明日は確定申告に行ってきます。早く休まなくては…と思うのに、忘れたことはなかっただろうか? 書類は…?入力は…? そんなこと考えていたら、ちっとも眠れなくなってしまって、あぁ〜明日の朝、朝寝坊しそうです(-_-;) ダンナ様は、経理は私の仕事と思っているからか、子供と一緒にいつものようにさっさと寝てしまい、今頃は深い、ふか〜い夢の中でしょう。。。 年度末は何かと会合が多く、慌しい毎日ですが、そんな中で、家族の新しい一面を発見したりしました。(^^) 発見と言うとあまりに大げさだけど、こんなに長く一緒に暮らしているのに、今まで気がつかなかったことなのです。 
それは、以前バイクに乗っていた俊二さんのこと。 250ccバイクでボディは黒一色で、本人は渋くてカッコイイ!と思っていたらしいバイク。 私は、(おっさんバイク?)位しか思ってなくて、興味もなくて、ただツーリング好きなんだな〜と思っていました。 そのバイクは子供が次々と生まれたため泣く泣く手放したのですが、ついこの間のこと、二人で車で走っていたら、ツーリング中のバイクがどんどんと追い抜いていきました。 そのバイクをあまりにじっと見つめていたので、「また乗りたい?」と、尋ねた私に、「いや。」と予想はずれの返事…「え、バイク好きじゃなかったの?」と、再度聞いた私に、俊二さんが答えたのは、「俺、磨くのが好きやから。」と…! 今の今まで男の人がバイクに乗るのは、風切って走るのが魅力なんだろうと信じて疑っていませんでした。 だから、とっても 「へぇぇぇ〜〜〜!」でした。 でも、ただ磨くのが楽しい!?(ーー;) う〜ん、理解できん! 
2005.2.22
 山仕事に必要なこと。 それはまず、感謝の祈りから^^。 山には山の神様、木には木の神様、川には川の神様がいると信じてます。 だから山に入るときは必ず、(神様、山に入らせてください、静かな山をさわがせてごめんなさい、仕事をさせてください。)と、祈りの言葉をかけます。 言わなくても心の中でつぶやくこともあります。 今日、大きなクスノキを切る時も、幹の回りに塩と米をまき、切らせてもらうことのお礼と、作業が無事済むようにお願いをしました。 都会育ちの人には、「ナンセンス!」と思われるでしょうか?^^; でも、言うのを忘れると恐くなります!だから、後からでも必ず言っています。
 また、茶園は回りに人家がなく、そう人目も気にならないところなので、用を足す時は、茶園の陰に隠れたり、倉庫の裏で済ませます^^;  この時も、(用を足させてください)と、ごく自然に口から出るのです。 私達はここから生活の糧をいただいています。 春には山野草を、秋には木の実などたくさんの山の恵を頂きます。 子供たちもごく自然に、素直な感謝の気持ちを持つように祈ります。。。(*^_^*)   
2005.2.17
 自分はドジだなぁ〜と感じることは良くあることなんですが、今夜もちょっとやってしまいました…^^; 今夜、地区の遅めの新年会。 アルコールも入るので、俊二さんを送っていくことにしました。 私が運転しながら、今日の仕事のことなどしゃべりながら会場に着いたのですが、駐車場の中を出やすいように車を回したのですが、その間もずっとしゃべっていた私。 まったく注意力散漫と言うか、なんというか…俊二さんを下ろさずに、そのまま帰ろうとしていました。。。「おいおい、つれて帰るとー!?」俊二さんの一言で 「はらっ!?」と、われに帰る私…(-_-;) 帰りの車の中、自分の行動がおかしくて笑ってしまいました。。。笑い事じゃない?
2005.2.6
 先週の日曜も、今週の日曜も夫婦して仕事でした。 どうしても天気のいい日でないと外の仕事は出来ません。 なので、天気予報を見ながら、急に予定が変わるのは仕方のないことですが、土日に出ると、お昼ご飯は子供たちにお任せになってしまいます^^; 先週の日曜のこと。 末っ子の日記を夜見てみたら、、、。「ぼくは土、日はいつもラーメンを食べます。それはお母さんが仕事でいないからです。 ぼくはラーメンをつくるのがうまいです。 あたらしいレンジがきたので、もっとおいしいです。」と書かれていました…。これを先生が読む!と、思ったらやっぱり恥ずかしいです^^; けれども、事実は事実。 書き直しなどさせずに、そのまま提出させました。 けど、なんで新しいレンジとインスタントラーメンが関係あるのか!? 息子に聞いたら「う〜ん、なんとなく!」だって(+_+)  そして、今日。 さすがに子供たちに申し訳ないので、サンドイッチの準備をして、仕事に向かいました。 それでも時間がなくて、薄切りパンとハムと具を用意しただけ^^; 「お昼にはさんで食べるんだよ〜!」と、ドタバタ出たら、あらまぁ自分達の弁当のおかずを置き忘れてきてました…(T_T) 
2005.2.1
 とうとう宮崎にも雪が降りました。 毎年1〜2回は降るけれど、今日のように一日中降った年は、記憶にありません。 連日、ニュースで東北、北海道の豪雪の様子を見るにつけ、「雪かき大変そうだなぁ…。」と思わずにはいられません。 こちらは雪道に慣れていないため、つい、普通の感覚で走ってしまいますが、スタッドレスタイヤなんかはいてる車は当然ありません^^; 
 夜の8時過ぎだったでしょうか? 電話が鳴り、「車が田んぼに落ちた!引き上げに来てくれ!」というものでした。 昼間降った雪が溶けて、夜には道路が凍ってしまったようで、そこは下りのカーブになった所。 あれあれと言う間に落ちてしまったそうな。 俊二さんはトラクターを持って行き、引き揚げ作業をしていた所に、また走ってきた車が「ド〜〜〜ン!!!」 …(T_T)  俊二さん、 「いつまでもここに居たら何台も引き揚げんといかんようになる!」と、引き揚げてすぐに帰ってきました^^; 皆さん、徐行運転で、そろそろと走りましょう。。。  
2005.1.29
 大事なお友達二人から、プレゼントが届きました。(*^_^*) 偶然にも二人とも静岡で、農業を頑張っていらっしゃいます。 押し花は忙しい農作業の合間に作ってくださって、苺は去年の台風、長雨で大きな痛手を受けながらも一生懸命育ててくださったもの。
感謝してもしきれない、二つの大事な贈り物。 

逢った事もないお二人ですが、ずっと前からの友達のような気がしています。 ありがとう(*^_^*)
2005.1.20
 今日は小学校の参観日。 仕事はお休みをもらったので、帰ってから年賀状の当選番号を調べてみることにしました。 毎年、必ず切手シートが一枚は当たるのですが、今年はどうかなぁ〜とワクワクしながら調べました♪ 半分以上見たところでやっと切手シート1枚^^; これだけかなぁ〜なんて思いながら、かすかな期待を持ちつつ…「あれっ!?」何度も番号チェックして、間違いない!!3等があたりました〜〜〜〜!(^O^)/ 
「地域の特産品小包み」。 カタログの中から選びます。 3〜4年前にも3等があたり、その時は「小樽ワイン」を選んだのです^^ 今年は? カタログを見ると、ほぼ肉類と海産物ばかり。 もっとバラエティ豊かな内容にして欲しいなぁと思いながら、悩みに悩んで大好きな 「辛子明太子」(*^_^*) ♪ 10日程で届くそうです。 待ち遠しいです。
2005.1.15
 毎日冷えますね〜。 東北、北海道に暮らす人々から見れば、まだまだ!なんて言われそうですが…^^; ついつい家の中で過ごす時間の多くなる子供達。 「運動しなさい!」と外に出しました。 それぞれ縄跳びを持たせ、二重とびの目標を決めて、「ハイ、練習!」
誰に似たのか、運動得意でない子供達^^; 私の小学生時代はというと、体育大好き!の子でした。 勉強はサッパリ? アハハ^^; 体育の時間はイキイキと駆け回る、そんな子でした。 今も、運動は好きですが、縄跳びはここ数年していなかったなぁ〜と、子供達と一緒に、挑戦!! 5年前、二重跳び70回とべた記憶があります。 最近は腰をいたわって動いているので、こわごわ跳んでみたところ、20回跳べたではありませんか♪ おぉ〜、意外や意外^^ 体力は衰えても、感は鈍ってないらしい。 でも息がゼーゼーいってしまった^^; どんなに年をとっても、軽い運動は続けていきたいな。
2005.1.8
 昨日のお昼のこと。 お餅をレンジで温めようと、スタートボタンを押したとたん、「ババッ!」と変な音がして、金属のこげたいや〜な臭いが…。 ターンテーブルは回っているけど、煙もあがってきたので、あわてて止めてお餅を取り出しました^^; …ちっとも温まっていません…。 夫に話したら 「もう、だめやね。」と即答。 13年も使った、トースターレンジ。 とても調子よく動いていたので、まさかこんな急に壊れるなんて、思ってもいませんでした。 レンジのある生活に慣れていたので、たった一日ないことでとても不便を感じました。 なので、今日の午後早速電気店へ。 昔と違ってオーブンレンジが安い!と思いました。 でも〜ちまたで人気のウォーターオーブンは桁外れ! これは買えないので、そこそこのものを買って帰りました。 今度のは、ケーキもパンも焼けるし、これから楽しみです(*^_^*) 大事に使って、なが〜く使おうと思います♪
2005.1.6
 冬休みで帰省中だった長男が、また名古屋へと戻っていきました。 約10日間も居たのに、なんだか瞬く間に過ぎてしまって、 「なんか話したっけ…?」と思う始末。 ほぼ家に居る時は寝てたもんなぁ〜。 ま、じっくり休養できたと思えば、それでいいんだけど。 宿題、課題がたくさんあって、結局、こちらでは何一つせずに帰っていきました。(まったく〜〜〜!) おばあちゃんは毎度のことだけど、目を赤くして孫との別れがことさら寂しい様子。 親の私だって、これからあと何回この子と過ごせるんだろうか?と考えてみると、よそに居る限り、今まで過ごした18年間より、うんと少ないんだろうな。と思ってしまう。 祖父母ならことさらそう思うことでしょう。 
 寝てないときはギターをずっと弾いていました。 年末に買った楽譜「loving you」。 頭の中、エンドレスでメロディーがずっと流れています。。。
2005.1.1
 新年早々…という言葉は、今日の元旦の日に使うのがぴったり! なんたって朝から火災発生なんですから!!
それは、朝風呂に入り、お雑煮も食べて、ゆっくりしていたAM8時過ぎのこと、突然サイレンが鳴り出しました。 「なんのサイレン?」 夫もまさか火事とは思いません^^; 電話で確認したら、市内中心部にある家具店が火事とのこと! 「行きたくねぇ〜」と言いながらも現場へ向かいましたが、今日の昼は実家の新年会。 11時過ぎ、電話してみたら、とても帰れそうにないと…。 仕方ないので、子供と私の5人で出かけました。 2回ほど電話してみましたが、やはり何時に帰れるか分からない、の返事。 
 結局帰ってきたのは夕方5時。 一日外で消火作業、寒かったことでしょう。 ホントに元旦早々、ご苦労様でした
。。。
2004.12.28
 長崎に住むsuetyannから、素敵な押し花が贈られてきました。
今年はたくさんのメル友さん達から、たくさんのプレゼントをいただいて、ハッピーな年になったなぁ〜と、しみじみとしていたところに、さらに、suetyannお手製の押し花が…! ちゃんと額に入れてあって、優しい色合いがなごませてくれます(*^_^*)  
 とてもうれしくて、たくさんの人に見てもらいたいから、玄関に置きました。
今日、そのsutyannからお電話があり、忙しいさなかに作ってくださったとのこと。 電話の向こうの明るい声は、書き込みそのもののsuetyannでした♪  ありがとう〜(*^。^*)
2004.12.24
 今夜はクリスマスイヴ。 昨夜から急に冷え込んできて、ガゼン、クリスマスっぽくなってきた(笑) なんだか暖かいとそんな気分になれなくてね。 普段より、ちょっとご馳走を並べ、ケーキを家族で食べました。 9時半にはみんな寝てしまい、サンタさんがやってくるのを楽しみにしてるようです(^^) 末っ子はサンタさんを信じてるよう。 6年生の三男が 「ホントはいないんでしょう?親が買ってるんでしょ?」と聞いてきます。 もうだませる年ではないけれど、 「信じなかったらプレゼントは来ないと思うよ〜」と私。 サンタさんは神様と同じような存在だと思っています。 普段の行いをいつも見ている、悪いことも、良いことも神様(サンタさん)はいつも見ていて、絶対にだますことはできない存在なのだと。 だから〜お子達、堂々とサンタさんにお願いできる一年を過ごせましたか〜?^^;
2004.12.15
 最近、主婦してる私♪ なに当たり前のこと言ってんの! と、突っ込まれそうですが…^^; ここ数日は家にいる時間が長くなり、これまで手抜きでやってきた家事を念入りにやっているのです(^^) 不思議なことに 1ヶ所を綺麗にすると、その回り、そのまた回りの汚れが気になってきて、ついついふきふきしています(^^ゞ でも、家の中をきれいにして整えるのは主婦として当然のことなんですよね〜これまでがひどかったってことで、溜めに溜めた汚れを今頃になって掃除してるんですから〜^^; でも、気持ちいいです! 毎日お天気もよく、布団を干し、シーツを洗い、家中の掃除をして、花を飾る。 こんなことで少しウキウキしたりしてます♪ 忘れてた楽しさみたいなもの。 おおざっぱでめんどくさがりと思い込んでいたけど、私一応オンナだったんだぁ〜なんて再認識…^^; 明日は、玄関に飾る花鉢の手入れが楽しみです♪
2004.12.5
 長かった2週間の旅行から、父母が帰ってきました。 開口一番、「やっぱい、家がいっばんよか〜♪」(やっぱり家がいちばんいい)と、(^^) そうだよね〜住み慣れた我が家、どこよりも居心地がいいよね〜♪ おばあちゃん大好きの三男が早速 「今夜から泊まる!」と、さっさと隣に行ってしまいました。 母としては複雑な心境^^; ちょっと寂しいぞ! でも、祖父母のことがそれだけ大好きで大事な存在なんだよね。 うれしいことではありませんか(^^)  
 今日は、掃除や食事の準備で、こちらと隣を何度もあちこちしていたのですが、簡単な家事一つでも、あっちとこっち2回しなければならない。 実際時間の無駄だなぁ〜と、感じました。 今は元気な母ですが、食事を作れなくなったら、私は即同居しようと思っています。 結婚から9年間同居。 その当時隠居に90歳のおばあちゃんがいて、そのおばあちゃんを隠居からこちらに連れてくるからと、私たちが隣に家を立てて敷地内別居が始まりました。 それから12年。 すっかり年をとり80も近くなり、いろんな面で手助けが必要だなぁと感じます。 
 90歳のおばあちゃんが亡くなる前、「家で看取ってほしい」と、よく言っていました。 父も母もその願いを叶えるため、寝込んで食事も取れなくなった祖母のかたわらで、付きっ切りで看病し、実際祖母は眠るように旅立ちました。 母は常々「看取るのが私の努めやから!」と、言っていたので、この言葉は私にも大きな影響がありました。 二人が望むなら、そうしてあげたいと。 介護の苦労を今の私は何一つ分かっていないのかもしれません。 それでも覚悟だけは日々持ち続けたいと。
2004.11.14
 今、夫は自動車学校に通っています。(免停になったのではありません…^^;) 牽引免許を取りに、40分離れた学校に行ってるのです。 都城には牽引を教えてくれる学校がありません。 大型免許は持っていましたが、やはり乗用摘採機を運ぶのに、必要性を感じたので、先月末から通い始めたのです。 車の運転はなんでもお手の物、の主人でしたが、大型牽引となると相当難しいらしく、特にバックが難しい…!とこぼしていました。 ちょっとミスすると、教官の「違う!」の罵声が飛んでくると、帰ってからはグッタリと疲れ果てている様子でした。 こんな毎日なので、頭痛もすると、最近は毎日頭痛薬も飲んでいます。 適性検査で 「少々神経質」と出たとか?^^; でも、こんな日々も明日で終わります! 明日まで練習して、あさってはいよいよ検定を受けます(^^) まぁ、大きなミスをしなければ、合格するでしょう。 
2004.11.4
 親子喧嘩勃発!^^; と言っても、私VS子供ではありません。 俊二さんと母です^m^  11月に入ってから、俊二さんは行事続き、これからも予定がびっしり…! 茶園の仕事はマシン油散布とわら敷きを残すだけなのですが、そのわらをいっこうに片付けることが出来ません。 台風23号でほとんどのわらが倒れて、びっしょり濡れてしまい、立て直してもまた雨が降り…その繰り返しで、なかなかかたづけられないのです。 昨日、おととい天気が良かったので、母は「今日こそは!」の気持ちでいたのでしょうね。 それなのに俊二さんは茶業青年会の集まりで、一泊で宮崎市へ…。 父は父で、連日釣りへ。 夜釣りなので、朝方帰ってきて、昼まで寝て、午後また海へ出かけていく、、、そのパターンの毎日^^; 男手が必要な仕事だけに母は思い通りに仕事がはかどらないことにカリカリきたようです。 昨日の午後俊二さんと口げんか。 父は「一晩で4万円あがる!」と、ウキウキしてるから田んぼへ行こうとは言えません^^; 俊二さんも会長をしているから、どうしても行かなくてはいけない、その立場も分かるから、私は何も言えません^^;  「まぁまぁお母さん、二人でボチボチしようや。」と一日二人で心地よい汗をかきました(^^) でも、ふと思ったのですよ。 普通なら、嫁、姑がケンカして、ダンナが仲裁に入るのに、うちは逆だなぁ〜なんて^^; お母さんの愚痴を“うんうん”聞きながらの仕事でした(*^_^*)
2004.10.29
 言葉の持つ力は偉大だな、と感じることが多々あります。言葉一つで、喜んだり、悲しくなったり、憤ったり…。 ましてやボキャブラリーの乏しい(あなり本を読まなかった証拠だね^^;)私。 うまく言いたいことが伝わらなかったり、変に誤解されてるのかな?と、感じたり。 そんなつもりじゃないのにな…と、悲しくなることもあるけれど、逆に、何気ない一言で、私も誰かを傷つけてる!?そう考えたら、うかつにものを言えなくなってしまって、一行の文を書くのに、えらい時間がかかってしまうこともあります。 そんな中でも、久しぶりに電話で話した Fさん。 「元気をもらいました〜!」と言ってくださった。 ううん、元気をもらったのは私。 ありがとう、私はまだまだ甘ちゃんだ!!
2004.10.22
 連鎖販売取引。 <これは○○○ですね。>と答えられるあなたはエライ! 実はこの言葉ついこの間まで知らずにいました。 簡単に言えば、親しい友人、知人を、ある商売に引きずりこんでいくやり方なのですが、その友人が信用できる人なら、案外簡単に引き込まれていく可能性が大なのです。 実際自分達もあやうく…という危険にさらされました。 今、便利なインターネットにていくらでも情報を得られます。 どちらを信じるか?の、選択を迫られた場合、最後に決断するのは自分自身。 そうそう世の中にうまい話が転がっているわけがないし、大きな利益を目の前にぶら下げられると、飛びつきたくなる気持ちも解らなくもない。 でも、いくら 「外車に乗れる生活が出来る!」 「高級腕時計が何個も買える!」って言われても、そんな生活望んでもいないし、 まずもって嫌だ!と思う。 私たちは自然に根付いた農業を職業として選び、それが他人にどんな風に見えようが、自分達は幸せで、満足しているんだから。 汗水たらして稼いだお金で誰に迷惑をかけることもなく生活できている。 最高じゃないか!って、その人たちに胸張って言いたい。 『あんたらセコイ!』
2004.10.6
 ふと気付けば、この「のんびりいこうよ」を書き始めてちょうど一年。 あのころ胸のうちにモヤモヤするものがあって、そんな気持ちを吐き出してしまいたい…と思ったのが、書き始めたきっかけでした。 実際はたわいない話題が多くて、そんな中にも私の本音がチラリと覗いたりしています^^; 一つのモヤモヤが片付いたかと思うと、また次のモヤモヤがやってきて、さらに別のモヤモヤまで…。 そんな繰り返しなんだけれど、振り返れば、 「あの頃なんであんなに悩んでいたんだろう…?」と、思ってしまうこともしばしば。 その時その時笑ってパァーッと忘れてしまえるくらい、おおらかでいられたらな〜と自分の性格を(なんて根暗なやつなんだ…!)と、いやになってしまうこともあったりして^^; こんな私でも、主人は良いと言ってくれて、子供たちも必要としてくれて、、、。 「いつまでも成長しない自分でほんとにごめん!」と、心の中でつぶやいています。。。 
2004.10.1
 おとといの夜からなんとな〜く歯が痛む…左上奥から2番目の歯。昨日の朝にはひどくなり、ご飯粒も噛めなくなってしまった^^; 早速、朝一番に予約を入れて仕事前に治療へ向かう。 すでに口元をハンカチでおさえた患者さんが二人。 こちらのお二人さんもそうとうな歯痛で今朝早くいらしたんだそう…見るからに辛そう。。。^^; 名前を呼ばれて中へ。 麻酔して痛む歯を、看てもらう。 この歯はもう神経が取ってあり、痛むはずはない歯とのこと。 レントゲンを取り、根っこの奥をみてもらったら、すこし膿んでいたそう…。 薬を詰めて、痛み止めと、抗生物質を処方してもらった。 麻酔が切れるときって、どうも心地悪くて、しびれるやら、むず痒いやら。 でも、久しぶりの歯医者通い、何年ぶりかなぁ? ちゃんと歯磨きはしてるんですよ。 デンタルブラシと、デンタルフロスは毎晩きちんとやってるから、他に虫歯はないそう。 歯垢もなし! あと2〜3回で治療も終わりそうです♪  
2004.9.25
 産まれた時から、TVゲームがあることが当たり前であった末っ子。 操作も良く分からないうちから、お兄ちゃん達に混ざって、遊んでいました。
遊びというと「TVゲーム!!」を一番に挙げる末っ子…。ゲーム意外に遊びを考えられないの!?と、何度か怒ったこともあります。 もちろん休日だけ、時間も決めて、無制限にはさせていなかったのですが。 もう、この子は他の遊びに興味を示さないんじゃないか?と心配したことも。 
2週間ほど前だったでしょうか? 6年生の三男が、100円の将棋セットを買ってきたのです。「やり方知らない。」と言いながらも、説明書を見ながら駒の動きを覚えていました。 大体分かるようになった頃、末っ子にも教え始め、二人で将棋を楽しむようになったのです!! 私はとっても意外でした。末っ子が将棋に興味を持つなんてー! こりゃいい!と、私も将棋は知らないのですが、説明書を片手に、相手をしてあげることにしました。 まぁ、覚えが早い…!私はいつまでたっても駒の動きが覚えられないのに、子供はすっかり覚え、まるで、ゲームのコントローラーのキーと置きかえて覚えてるんじゃないだろうか…と、思ったほど。 昨夜の勝負は辛くも親の面子を守りましたが、きっと次の対戦では、コテンパンにしてやられそうな予感がします…^^;
2004.9.13
 最近また蒸し暑い日が続いています。 でも、秋は確実に近づいているのですよね。 稲穂も実が入り始め、秋の味覚が店頭に並び、TVのCMもシチューの割合が多くなってきた(笑) 
 午前中はカッパを着て茶園の杉の葉拾いをしていました。 蒸し暑くて二人してグッタリ…。 午後は俊二さんが宮崎で会議だったので、私も仕事は家の中で帳簿付けを。 相変わらず蒸し暑いのだけれど、なんだか熱いお茶が飲みたくなり、3時のおやつによもぎ大福と緑茶を用意して、一人、のんびりと静かなひと時を過ごしました。 ちゃんと懐紙に和菓子をのせると、気分も違ってきます(*^_^*) 
 いつも誰かと仕事をして、朝晩は子供たちや家事に追われ、なかなか一人きりになる時間はありませんが、だからこそ、たまに一人になれる時間は大事に使いたいと思ったのでした。
2004.8.29
 夏休み最後の日曜は、台風のおかげで大荒れです(-_-;) 丸二日間、家の中に閉じ込められてすることもなくなってきて、皆でTVばかり見ています。 たまたま1980年代にヒットした洋楽の映像が流れていたのですが、(シンディ・ローバーやホール&オーツ、ワム、カルチャークラブ等… う〜〜〜なつかしい!良く聞いたなぁ〜♪) その年代の歌手のヘアスタイルを見て次男が「昔のお父さんの髪型みたい、流行ったの?」と。 アハハ、今では年中スポーツ刈りの旦那だけど、昔はパーマヘアだったなぁ〜。 そして20代の頃の写真を見て一言。「お母さんも昔と比べたら今は激安だねぇ〜。」 「?激…安。」 女としての価値が下がったって事かー?ちょっとショック…。でも、聞き直したら 「激やせ」のいい間違いだってー、ホッ…^^; でもね〜体重はそんなに変わっていないのよ。 なんでやせて見えるかって、それは、20代のころは顔がアンパンマンみたいにパンパンにお肉がついていたけど、今じゃ頬がこけて、目がくぼんで…、寄る年波にはかないませんの。フッ…(-_-)
2004.8.18
 夏休みも残すところあと10日あまり。 なんとかかんとか宿題もこなしつつある。 でも、チェックはしてません、なにかドデカイ忘れ物をしてるようで、チェックするのがコワイ…(・_・;) まぁ忘れていても本人の責任だし、暇はあってもやらないんだし^^; しかられるのも私ではない(笑)  
 昨日から台風の影響で雨。 外にも出られず、プールにもいけず、暇な上にさらに暇をもてあます子供たち。 ちょっとしたことで口ケンカがすぐに始まり、叩き合いに発展する。 でも、その口ケンカが聞いてるとおもしろい♪ 中学生VS小学生のケンカになることが多いのだけど、ちょっと太目の次男に向かって、「にく18号!」「どぇぶ(デブ)!!」「脂肪!!!」などと、身体的特徴を突いて攻撃。 次男も負けじと張り手で応戦! 体が大きいから、ちょっとの張り手が「バシーン!」とヒットする^^; まったく〜小学生のどちらかが泣き出すまで終わらないバトル。 あ〜うるさい、外でやっとくれ!! 
2004.8.10
 あちこちでお祭りが行われていますね♪ 今は日本全国お祭りシーズン! 私個人はあんまり人ごみが好きではないので、進んで行く方ではありません。 でも、お祭りにはたくさんの人が訪れます。 その人たちが楽しめるように裏方で働く人々もたくさんいることも、忘れてはいけないと思うのです。 先日聞いていたラジオから、こんなメールが来ましたと、読まれていました。
 「自分は消防団員として、花火大会の警備に当たり、消火活動などを行っていました。 しかし、一ヶ所消火ホースが届かないところに火が付き、消防車を入れるために、進入禁止のゲートをはずしたとたん一般の見物客がどっとなだれ込んだのです。 消防車が通ります、道をあけてください!と頼んでも、だれも動こうとしません。 私たちは何のために警備にあたっているのか? 心無い見物客の行動にとても落胆しました。  こんなことなら、花火大会などしないほうがましです。」という内容でした。 彼らの気持ちが、とてもよく分かります。 消防団員を夫に持つ妻なら、裏方で働く人の大変さを実感できるでしょう。 毎年花火大会は行われ、毎年警備に借り出され、家族揃って花火を楽しむことはないのだから。 見る側もマナー、モラルを持って行きたいものです。
2004.7.30
  男性が家事をすることをみなさんはどう思われますか? 一昔前なら 「男が台所に立つもんじゃない」と、言われたでしょう。 今では小学校から男の子も家庭科を習い、料理、裁縫、など、一通りの家事ができるように教わっています。 とってもいい事だと思うのです。 夫婦共働きの家庭が増えて、協力し合わないとどちらかに不満がつのるでしょう。 我が家も共働き。 自営業だからお勤めしてる人より、少し時間的融通がききますが、それでも忙しい時は猫の手も借りたいくらい。 夏休みになり、「子供たちにお手伝いをさせましょう」と、学校も、仕事の大変さと、家族の一員として協力する大事さを経験させてくださいということでしょう。 家では、朝、昼、晩の茶碗洗いと、花の水遣り、お風呂洗いをさせることにしました。 3人で順番を決めて、なんとか半分渋々とやってくれています。 夜の洗い物は多いけど、ぶつぶつ言いながらも洗う子供たち。 そんなわが子を見て 「あんたたちお母さんが子供の時より、う〜んとおりこうさんだよ〜」と、思っているのです^^;アハハ。 子供たちがすんなり家事を手伝うのは、父親の姿を見ているからかもしれません。 彼は頼まなくても家事をよく手伝ってくれるできた旦那様。 ありがた〜いと思っているんですよ、ハイ。 でもね〜あなたの作業着と子供たちのパジャマを一緒に洗うのはやめておくれ〜! 
2004.7.21
 今日も3番茶収穫・製造と、暑い中もくもくと仕事していました。 ふと誰かが来たので顔を上げると、、、「なんでー!明日帰るはずなのにー!」  そう、長男が突然帰ってきたのです。 …ったくコノヤロゥ、びっくりさせてー!!ほうき持って追っかけながらも心の中はうれしくて、^^;アハハ。
昔からこんな感じの子ではありました。 驚かしたりビックリさせたり、単純にひっかかる親の反応を楽しんでるようでした^^;  学校でのこと、バイトのこと、名古屋の家のこと。 色々話はつきませんが、明日コンクールを控えた後輩達に、カツを入れてくると懐かしの母校に出かけていきました。 今夜は何時に帰ってくることやら…?
2004.7.14
 JAさんに行く用事があり、茶製造の合間に急いで出かけてきました。 そこで書類が出来上がるまでの待ち時間に、ふと目に止まった週刊誌をめくっていたら…あの「冬ソナ」で人気者の「チェ・ジゥ」さんと日本ではバラエティー番組でよく見かける「ユン・ソナ」さんの二人が、緑茶を使ったトリートメントや化粧水を使っていると言うのです♪ それも高級化粧品店で買うのではなく、自分で作っているそうなのです。 緑茶の粉末を水で溶いて、それを頭皮につけて軽くマッサージ。化粧水も同じく緑茶の粉末を水に溶かして普通の化粧水のようにはたくだけ。  二人ともアジアの代表的な女優さん。その記事を読んで、とてもうれしくなったのは言うまでもありません♪ ちなみに、うちは今も毎晩お茶風呂にはいってま〜す(*^_^*)
2004.7.7
 携帯をかえました。 たいして使いもしないけれど、茶摘の時期だけはどうしても必要だから。 約3年使っていました。 変えざるをえなかったのは、充電してもすぐに電池切れになってしまうからです。 カメラ付き。「使うことがあるかなぁ〜?」なんて思っていたけれど、せっかくだから使ってみよう!とそれらしいボタンを押してみました。 相変わらずおおざっぱな私は説明書など読みません。 だから、自分の指を2枚も移す羽目に^^; そのうえ、保存なんかしなくていいものを保存にしてしまった…削除しようとしたら、暗証番号を入力する必要があると。 暗証番号?知らん、登録してない、多分。 そこでめんどくさくなったからもうやめて、今度はメールを妹に送ってみました。 あらっ、以前のより使いやすい〜♪ ほんと驚きですよね〜こんな小さな携帯に色んな機能が付いてて、とてもじゃないけど全部使いこなせやしない。 パソコン教室に通うように、携帯教室にでも行かなきゃ。 
 そうそう、うれしいニュース。 茶園にあった鳥の巣、かわいい雛が孵っていた〜♪ よかったよ〜写真撮ったりしたから、もう親鳥が抱かないんじゃないか、、、って心配してたから。 もう一つ、長男が夏休みに帰ってくる(^^) 下の子達「4人でゲームバトルする〜♪」と、待ちどうしそう(*^。^*)
2004.6.24
 今日は朝から雨。 小売用のお茶を火入れしたり、袋詰めしたりしていました。 昼食後も4人で静かにもくもくと作業をしていたら、まぁ〜眠たくなっちゃって、手は動いているけれど、頭の中は寝てるような感じ? ちょっとg数を間違ったり…^^; そんな時玄関のチャイムが「ピンポン〜♪」と。 出てみるとお財布を持った若い女性が立っていました。 “近所の方がお茶を買いに来られたのかな?” そう思った私にその女性はニコニコと親しげな笑顔を。…もしやっ!!そう思った瞬間 「にゃおです〜。」 やっぱりーーー!時々BBSに書き込みしてくれるにゃおさんが会いに来てくれたのです!にゃおさんのお宅はここから約40分の所。時々都城にいらっしゃるということをメールに書いていらしたので、「近くを通ったらよってね。」とメールしていたのです。 にゃおさんも農家のお嫁さん。雨の日はお休みなのです(^^) 初めて会うのにそんな気がしない。 話が弾むこと!メールで色々お互いのこと情報交換していたからね♪ 夫も母もお友達が訪ねてきた位しか思わなかったらしい^^; あんまり楽しく話してるものだから、初対面なんて思わなかったそう。 突然のお客様に眠気も吹っ飛び、また仕事も頑張れました。 ほんとにうれしい思いがけないお客様でした(^^)
2004.6.22
 蛇は縁起がいいか悪いか? 神様にして祭るぐらいだから、きっと縁起がいいものなんだろうと私は思う。 昨日のこと、庭にでかいと言うより、長い蛇がいました。1メートル以上はゆうにありそうな。ゆっくり移動していたので、数分間その姿を観察出来ました。デジカメにも撮りました(笑) 模様からしてシマヘビではないかと思う。母を呼んで見てもらったけどよく分からない様子^^; 毒蛇じゃないと思うけど…。母はちょっと怖がって「ほうせん花を置くと近づかんよ!」と言って、すぐ何本か引っこ抜いてきた。へぇ〜それでいなくなるのかな? それから茶園にすそ刈りに行ったのですがある場所でムニュと何かをふんづけた!?その感覚からしてある物であることは見なくても分かりました。。。狸のためク○です…。 クッソ〜〜! そして今日。今度は茶園の上に落ちた葉っぱを拾いに同じ茶園に。 場所は大体この辺、と覚えていたのでその畝に入った時は 「今日は踏んでなるものか…」と注意してた。 でも、葉っぱ拾いに集中したその一瞬忘れたのです!次の瞬間 「ムニュ」…クッソ〜〜〜あんなに注意してたのに!!! よほど私はウンがついてるらしい、蛇さんの御利益ですね。。。悲しい〜〜〜!
2004.6.11
 台風4号がかすめて通り過ぎていった。 朝から強い雨と風。 てっきり学校は臨時休校だろうとのんびりしていたら、いっこうに電話連絡がこない!? え、まさか?今日は普通登校?^^; 給食センターが休みなので弁当がいるんです!あわてて作り間に合いました〜ふぅ〜^^;  仕事は休みだろうと、ゆっくり家事をしていたら、10時頃には雨が止み、昼には青空も。 夫が「茶摘に行くぞ!」はぁ?今から…(ーー;) とりあえず準備してトラックで出発。 よ〜く乾いていたけど午後からだからたくさんは摘めません。 トラック1車分摘んで、帰りました。 父母は田んぼに行っていたので手伝いは期待できません(T_T) 工場の中の仕事、ほぼ二人で済ませました。うぅ、疲れた…腰が痛い、足がだるくて走れません。。。
ふと気がつくと、青あざがあちこちに、、、いつ、どこでぶつかったのか、覚えてなどいません。工場の中あちこち動き回るうちぶつかったよう。 あと何個青あざ作れば終わるんだろうか^^;
2004.6.05
 O型はおおざっぱ、おおらか、細かいことを気にしない、盛り上げ役などなど…統計的に見て、そういう人が多いんだそうな。 うちは家族6人ともO型^^; でも〜6人それぞれ違うような…? 自分は、おおざっぱと言うところはあってると思う。めんどくさいことは嫌いだし、物を買って説明書なんかは斜め読み。なにか事が起きたときに説明書を見直すタイプ^^; 仕事はこまめに几帳面にやらなきゃ〜と思うから、渋々やるところがあるけれど、家庭の中では、いや、実におおざっぱ〜! 俊二さんの方がよほど細かく気がつく。 あんまり家の中のことされると、気にさわって 「あなたA型なんじゃないの?」と、言ってしまうこともしばしば…。(彼の父はA型です。)きっとA型に近いO型なんだろうな。 でも、その細やかさがありがたい時も多々あります。 “電球が切れたよ”  “○○が壊れた” とか言うと、さっと動いてすぐ修理してくれるから。これには感心する。修理もお手の物で大概のものは直してくれるしね♪ 子供たちもそれぞれに慎重だったり、おおざっぱだったり、違うなぁ〜と思う。 自分はO型好きです。 なんでかって、、、実に単純で、小学生のとき先生が「O型の血液はどの血液型の人にも輸血できます。」と言われたときに、“なんてありがたい血液型なんだろう…!”と思って、以来O型であることに誇りを持っているんです〜それだけのことなんです〜^^; 
2004.6.01
 今夜のニュース、ショッキングな事件。言葉を失ってしまった。。。我が家も二人の小学生。学校はもはや安心できる場所ではないのか?の思いが、ふと、よぎりました。
 夕方、学校から帰った子供がプリントを差し出しました。これには 恵まれていることの自覚と感謝を の題名でこうかかれていました。「日本は物質的には豊かであるが、心は必ずしも豊かではない。むしろ豊かさが非行を生んでいるという、悲しい現実もある」と。 豊かさを追い求める日本人。なにもかもスピードアップの世の中。こんな中で育つ子供たちは心豊かになれるんだろうか?そもそも心が豊かとはどんなことを言うのだろう?きれいな花や写真、絵を見て「きれい」と感動する気持ち。本や映画を見て純粋に涙を流したり、捨てられた子犬、子猫をそっと抱きしめていつまでもその場を離れられないやさしい気持ち、モラルのない人をみて憤る気持ち、ごめんなさい、ありがとう、が素直に言えること、悔しさをグッと我慢できること、友達が涙しているとき共に悲しんであげられること、、、。きっと様々な思いが集まって、経験していくことで心豊かな人になっていくのだろうと思う。私のつたない言葉ではうまく気持ちを伝えることが出来ませんが、どんなに物が豊かにあって与えられても、愛情には及ばないの一言に尽きるのではないだろうか…? 私も親の一人として考えずにはいられない夜でした。
2004.5.30
 あやしげな電話があった。。。あんまりTVを見ない私が楽しみにしてるTV番組「ビフォー・アフター」を見ていたときのこと。 電話が鳴るので出たところ「○○宅急便です。荷物をお届けに行く予定でしたが、今日はもって行かれなかったので、明日はいらっしゃいますか?」ときた。 その時は別になんとも思わなく普通に 「午前中はいませんので、午後来て下さい。」と伝えると、「何時頃居ますか?」とか聞いてくる。 いつもの人ならそんなこと聞かないのに?と思い、「荷物はどこから来てるんですか?」と訊ねたら 「ワコールさんからです。」と言う。注文した記憶はまったくないので、「ほんとに私宛の荷物ですか?」と再度聞き、住所と、あて先の名前を問いただすと、しどろもどろの受け答え。あげくに 「コンピューターで調べるので生年月日を教えてください。」と言う。こりゃ絶対おかしい!と思い、「なんで電話番号が分かって住所を答えられないんですか?それに注文した覚えはないので配達はしないでください!」と言うと、急にプツン!と切れた。すぐに○○宅急便に調べてもらったら、そんな荷物は来てないし、ドライバーも電話していないとのこと。変質者の仕業かな?いやだね、なんだか気になって外の物音にビクッとする。 さっそく夫が木刀2本取り出す。まぁ〜頼もしいこと!!^^;
2004.5.28
 一通の葉書が届きました。私宛の葉書。何かな?と思って裏を見ると…
      「あっ、当たった〜〜〜!」懸賞に当たったのです!!  いままでこんなのには縁のなかった私。くじ運がないというか、じゃんけんもとても弱い^^;。だから出したことすら忘れていたのです。 俊二さんや子供たちは懸賞好き♪ よく出して割と当たる(なんでだろう?)  よく懸賞をあてて懸賞生活してる人の 極意 とか、TVで出ますよね。それちょっと真似してみたんです。葉書を目立たせるとか、コメント書くとかそういうこと。それが良かったのかどうかはわからないけれど、きっと抽選に当たったのは初めて!!うれしいなぁ〜(^^)  え?品物はって? えへへ〜それはですね〜鹿児島の元気若鶏1kgなんでございますよ〜♪ 肉好きの我が家。うん、助かる!
 
2004.5.15
 ぼんやりと夜空に浮かぶ三日月。今、午前4時、東の空に静かにたたずんでいます。
なんでこんな時間に?早起き過ぎますよね^^;
 実は、今日番茶を摘む茶園が離れたところにあるので、乗用摘採機を運ぶために早起きしたのです。機械を牽引車に乗せて運ぶのは簡単なことですが、スピードを出せません。国道を移動するため、他の車の迷惑になってしまうので、一番交通量の少ないこの時間に走るのです。 いつもは俊二さんが一人で運びます。でも、今日は学校も休みだし、一人で行くより連れがいたほうがいいだろうと、私もくっ付いて行きました。 最初は楽しくおしゃべりなどしますが、車に揺られ暖房が効いてくると、もう眠いったら…!どんなに目を開けてようと頑張っても、無駄な抵抗でした… 「寝てていいよ。」の言葉を最後に、到着するまで記憶がありません。完璧に熟睡です。何のために付いていったのか?^^;すいません、何の役にもたたなくて。。。
2004.5.8
 なべ焦がし、お茶焦がし、頭の中も焦げました。。。なんのこっちゃ?と思われた皆さん、この文の通りのことが起きてしまったのです。と言うより自分でそうしてしまったのですが…。 茶摘も番茶に入り、夜も早くあがれそうということで、何を血迷ったか「私が火入れをしてみたい!」と主人に懇願。いぶかしげな顔をした主人でしたが、にもかかわらず、はじめた私です。 火入れほど難しく気を使うものはない、この道40年のベテランの方でさえそう言われるのに、なんだか上手くいくんじゃないかな?の安易な気持ちではじめてしまったのです。
 少しずつ、温度を上げていくと、辺りにあま〜い香りがたちこめてきます。普通煎茶ならこれくらいの火入れでいいのですが、私はさらに香ばしい香りがほしくて、さらに温度を上げていきました。80度以上あげると水色が赤くなる危険があると、知っていながら自分好みの香ばしさが出るまで火入れを続けた結果…。板間に出し、広げてみたら「……緑のお茶が茶色…。」飲まずとも結果はわかりきっていました。大失敗です、約15kgのお茶を台無しに…。意気揚々とはじめた私でしたがとたんに意気消沈、、、黙り込んで座り込む私の心中を察してくれたのか、主人は責めるようなことは一言もいわずに、それどころか「いい勉強になった。どうせ我が家でも飲むんだから自家用にすればいい。」と。 ここ数年しかお茶作りにかかわっていないのに、自分の身の程知らず、浅はかさを思い知る結果となりました。 
 鍋は夕食用にと作ったお味噌汁の火を消すのを忘れて、水分がすっかり蒸発して、真っ黒に焦げていました…。子供が「お母さんちょっと来て!」と、こっそり呼んでくれて、夫や義父母にわからないように教えてくれたのです。 うちに誰もいなかったら、、!?と、思うとぞっとしますが、火を消してくれた子供に感謝するとともに、しっかりしなきゃ!と反省と後悔の念で、頭の中がすすでくもってしまったような一日でした。。。
2004.4.28
 20日にはじまったお茶摘も9日目。ありがたいことに朝露がべったり付いた日がなく、茶園に行ってすぐ仕事を始められる、ここで1時間の差がでるのです。乾くまで待たなくていい。これは終了の時間を大きく左右します。いまだ12時を超すまで仕事はしていません。本当にありがたく、例年では考えられなかったこと。 もう一つ。よく最後の掃除を手伝ってくれていた長男がいないので、それだけでも少々しんどさを感じていましたが、
それをカバーしてくれるがごとく、下の3人がよく家事を手伝ってくれるのです。去年まではそんなになかったのに…? 3人一緒に風呂掃除、お湯張り、布団敷き。おかずを作っておけば、3人でちゃんと準備して食べて、たまに茶碗を洗ってくれています。 よく「親の背中を見て子は育つ」というけれど、ほんとにそうかなぁ〜?と実感したことはありませんでした。でも、この子達を見ていると、そう思っていいのかな?という気持ちになりつつあります。3人とも家庭訪問が終わりました。先生に胸を張って「優しい子達です!」と言えました(^^)
2004.4.16
 夕方ちょこっと衣替え。といっても末っ子の服だけ。もう130のサイズの服を着るようになり、小さくなったものを処分することにした。ひとつひとつたたみながら 「これは親戚のお下がりをいただいたもの」 「これは保育園のお昼寝用のパジャマ」 「これは上のお兄ちゃんからみんな着た服」と、なんだか思い出深い。だれかにあげようかな?と思ったけれど、こんなヨレヨレのくたくたの服もらってくれないよね^^; 工場で拭き掃除に使うことにしました。 昔ポンキッキで「お下がり節」っていう歌があったっけ〜新品着れる長男長女、いぶし銀の次男次女、そしてやぶれかぶれのボロボロ三女って感じの歌だった?と思う。四男四女はじゃぁなんなのさ? 着れる物はちゃんと着せたし、あまりにヨレヨレはさすがにかわいそうで、たまに新品買ってあげたっけ。。。当の本人は着心地がよければ、服の好みなんてな〜んにも言わなかったなぁ。姪っ子はおしゃれで、気に入ったものしか着なかったから、被服費のやりくり、お母さんは大変そうでした。その点男の子はこだわらなくて助かったかな(^^)
2004.4.6
 1週間ほど前から鼻かぜ。たいしたこともないからと、病院にも行かず、市販の風薬飲んでいます。きちんと飲めばいいものを飲んだり飲まなかったりしたものだからいまだ治っていません。それどころか鼻をかみすぎて、ある日思い切りふきだしたら左耳が「バリッ!」と耳の中で何かが破れたような音…もしやもしや、、、でも一応聞こえる。なんでもないよね?と、それから2〜3日後、また鼻をかんだら今度は右耳が「バリッ!」前回も少し痛みがあったけれど、今度も痛い…!ありゃ、両耳鼓膜破れ〜〜〜?^^;少し音がこもったように聞こえる、耳鼻科に行ったほうがいいのかな?でも、時間が経つと普通に聞こえてくるんですよ。日常会話は全然OKなので、なんでもなかったんだと思いたい。でも、鼻かむのが少し怖くなって、控えめにしてます。。。なんのかんの言ったって、つまりは耳鼻科に行きたくないんだな。だって耳の治療ってすごく痛そう。。。^^;
2004.4.1
 今日は午後から俊二さんが消防団の集まりに。私は久しぶりに花壇の手入れをすることにしました。なっ、、、が〜いこと、ほったらかしにしてました^^; 手をつけるまでに時間がかかるけれど、やりだしたらとまらないのがわたし。花壇の草を全部抜いて、鉢植えの花も植え替えしたり、寄せえ作ったり。肥料をあげて水やってなんとか見れるまでに回復〜♪ 驚いたのが鉢植えの「デュランタライム」と「オリヅルラン」 軒下に放りっぱなしで、てっきり枯れたと思っていました。でも、生きていたんですよ〜!土すれすれの茎のところから緑の葉っぱが!!「ごめんね〜ほったらかしにして…」と、謝りながら大きい鉢に植え替え。やっぱり手をかけてあげると花も喜ぶよね〜不精な主人を許しておくれ。。。
2004.3.27
 自分専用のもの。みなさんもちろんありますよね。昨日の事、草取りをしていた私が腰を痛がっているのを見た俊二さん
「コンパクトで軽い草刈機を買わんといかんね。」と言ってくれました。自分用というのがうれしくて、その夜会った友人に、嬉々として話す私を見て、笑いながら「あんたね〜買ってもらってうれしい物の感覚が違うよ〜!」と言われてしまいました。 う〜ん…そう言われれば誕生日やクリスマスに草刈機をプレゼントされても素直に喜べないかもしれないなぁ〜。これはやはり私自身が草取りの大変さを実感したときであり、これから気温が上がるとますます草取りを頻繁にしなくてはならないと感じていたときであったからでしょうねぇ。 明日、農業祭りがあります。そこで買ってきてくれるそうです。なんと言われてもうれしいものはうれしい♪
2004.3.14
 いよいよ明日、長男出発。会う人会う人に 「寂しくなりますね〜」と、声を掛けられる。1ヶ月前はこんな風に言われても、そう気持ちの変化はなかったのに、ここ2〜3日はどうも涙腺が緩んで、一人になるとふと考えてしまって、うるうるしてくる。なぜに!? あんなに口ケンカばかりして
せいせいするはずなのにね…。下が小学生ばかりだから、自分じゃ気がつかないうちにすごく頼りにしていた部分があったんだろうと思う。
じゃれあっていた頃が懐かしい、「おかあさ〜ん!」と言って、笑顔で走って抱きついてきてくれたころ。今じゃ、私が願ってもしてくれそうにないね^^;
今なら間に合う小学生組、少々嫌がられながらも頬摺りスリスリしてる母です。
2004.3.11
 例年には2月中に済ます確定申告。今年は3/3日に済ませてきました。毎年「今年は良い年でありますように」と願うのに、何も変わり映えしない
例年同様の内容。これでいいのか、悪いのか?はっきりと解ることは「贅沢せずに地道に暮らせよ!」ということだろう、うん。
簿記の勉強に通っている頃、講師の先生が、「少しばかりお金があると、人はすぐ贅沢をしてしまう、生活のレベルを上げると、下げるのは容易なことではない。」と言っていたっけ。いつも心の片隅に置いておいて、忘れないようにはしてきたつもり、でも、まだ自分に甘いところがあるとは思う。認めます...。まだまだ努力も工夫も知識をふやす事も出来るんだよね、いっぺんだと息切れしてしまいそうなので、まずはできることから(^^)
2004.1.30
 今日は喜びと悲しみの交錯した日でした。
喜び、それは姪が赤ちゃんを出産したこと。産まれたての赤ちゃんを見るのは何年ぶりでしょう!その小さな手足と
安心して眠っている寝顔は何もかも忘れさせてくれるほど。ピュア、無垢、天使、何もけがれを知らない純粋な存在。そっと抱っこしてみました。こんなに軽かったかしら…?わが子もこんなに小さかったかしら? 久しぶりに抱く赤ちゃんは、4人の息子それぞれの産まれたときの記憶を呼び覚ましてくれました。 健やかに育つんだよ。。。

 悲しみ、それは仕事でお世話になっていた85歳の方が亡くなられたこと。2年ほど寝たきりでしたが、それでも遊びにいくと会話は交わしていたのです。83歳の奥様と二人暮らし、子宝には恵まれなかったお二人でしたが、とても仲がよく、奥様の料理の腕をほめていらした姿が、印象に残っています。自分自身80歳を超えた時に、一人で生きていけるだろうか…?いつかお迎えが来た日には、にこやかに、穏やかに逝きたいと、ただそう願うだけです。
2004.1.19
 1999年に初めてのパソコンを購入した。それから丸4年、W98は主の酷使に耐え、今日までなんとか必死に動いてくれました。もはや買取値もつかないほど過去の遺物になろうとしているW98 ・・・。今3台目をデスクにセットして、傍らには1台目が静かにたたずんでいます。無機質なパソコンですが、「はい、さようなら」とメーカーさんに引き取ってもらうのもなんだかかわいそうな気がして・・・。4年前、買うときに「一生使えますよ!」なんて言われて喜んだけれど、情報量が膨大になりとても間に合わなくなって、変えざるを得なかった。(もちろん使えて故障などしてないのですが)日々進化するパソコン。ちょっとサイクルが早すぎやしませんか?  
2004.1.9
 18才になった長男は、今自動車学校に通っています。運動神経と運転免許は関係ないだろうと思いつつも、全部1回で合格するかちょっと心配でした。まぁ学科は暗記すりゃ大丈夫!って所があるけれど、技能はどうかしらぁ〜?と不安ではありました。
本人いわく「40kmってスピードがすごく速く思える…!」だそうな。うんうん、横に乗ってるのと自分で運転するのとでは全然違うよね♪恐いって思う気持ち、大事だと思う。親の心配をよそに、「仮免合格したから。」と、ボソッと一言。よかったじゃ〜ん!!
あとは本検、頑張れ〜〜〜♪ ここでふと自分の教習所通いしてる頃を思い出した。担当の先生がお休みの日、たまたま厳しい先生が代理で…。怒鳴られながら路上を走ったっけ…一通りコースを走り、もうすぐ学校に到着って時に、たまらず悔し涙がこぼれましたよ。代理の先生もまさか泣き出すとは思ってなかったらしい。それまで恐い顔で怒鳴っていたのが、声のトーンをおとして一言。「ま、頑張りなさい。」悔しい気持ちがあったせいか、本検は学科も技能も1回で合格だった。長男よ、あなたも1回合格目指せ〜〜〜!  
2003.12.29
 2003年も、もう終わる。本当に1年の経つのは早いものです。TVで「今年初めて体験した事」というのをやっていました。自分はなにかあったかな…?と考えたら、真っ先に思いついたのが「電動歯ブラシ」!私は結構歯磨きは丁寧にする方と自認しています。毎晩、歯ブラシで磨いたあと、隙間ブラシで掃除、そのあとフロスで全歯間を掃除します。ここ数年は歯科医院には通っていません。今のままで充分!と思っていたのですが、夫が知人から「ツルツルになる。」と聞いて買ってきたのです。で、使ってみた感想。うん、確かにツルツル!ごしごし動かさなくても軽く動かすだけですごく楽!…でも、結構振動がある^^ ;歯医者さんのドリルで「ガガガガ!」とされているみたいだった。これがなきゃすごくいいなと思ったけど。頭痛の時なんかにこの振動はきついだろうなぁ…。 
2003.12.19
 うちのトイレには、日めくりのカレンダーが置いてあって、その一枚一枚に格言らしき言葉が書いてあるのです。いや、もうそりゃ
その日にピッタリの言葉が!例えば、 “希望は人を成功に導く信仰である”  “毎日を真剣に生きる事が大切”  “誠意ある人が最後の勝利を得る”  “ない時の辛抱、ある時の倹約”  “最大の敵は自分の内にある”  “病気は千とあるが健康は一つしかない” その他色々。。。   トイレに座りその言葉を何度も何度も反芻して、“そうだよね、そうなんだよね!”とつぶやきます。普段、何気なく生活していると、感謝や謙虚の気持ちを忘れてしまいがち。毎朝、自分に言い聞かせるようにめくっています。
あれっ、今朝はなんて書いてあったっけ…^^; 
2003.12.08
 人にはいくつかの転機があって、挫折も成功も経験して、それなりの大人になって行く。でも、私の場合「あの時自分が変われた、頑張れた!」その時って言うのは、いつも人との新しい出会いがあったと思う。私に刺激を与えてくれた人達は、皆エネルギッシュで休む事を知らないで、常に前を向いている。キラキラ輝いているこの人達も、かつては悩み苦しみ,涙を流した時もあるという。傍目にそんな苦労を感じさせない位、素敵な人達ばかり。自分も少しはそんな大人になれているのだろうか…?
自分はというと、、、どこか自信がなくて、言いたい事が10あるとすると、6ぐらいしか言えなかったりする。こんな消極的な自分を打破したい!と思い、自分に何が出来る?今やらなきゃいけないことは?と、自問自答の毎日。悩んだ分成長出来るのだろうか? 「結果はいつか付いてきます!」と誰かが言ってくれた。単純だけれど信じて頑張りたい。。。     
2003.11.25
 昨日長男最後の「定期演奏会」が終わった。。。毎晩毎晩午前三時に帰ってきてた。
疲れてお風呂も入らず布団にもぐりこみ、朝はギリギリに起こして、朝風呂で目を覚ます。
栄養剤を飲みながら授業もちゃんと受けていたそう。こんな生活が2週間は続いたろうか…?
最初は起きて待っていたけれど、睡眠不足は思ったより疲労する。長男より私のほうが先にダウンしてしまったので、先に休む事にしたけれど、どうも気になって熟睡できない…。 一方長男のほうは「やり遂げたい!」気持ちからか、すこぶる元気!吹奏楽部だけれど、第2部の「エンターテェィメント」では、ダンスを踊ると言う。ダ・バンプの何とか?と言う曲^^; ダンスなんか踊った事もないはず!?もちろん見たことないし。内心上手く踊れるのか当日まで心配だったけど…結果はこの通り♪開場を湧かせてくれた。良く頑張ったね、青春してる君が羨ましいよ!!
2003.11.10
 去年は元気印だった私も、今年はとうとう風邪引いたみたいです…。でも、母親は寝ていられないなぁ〜と、つくづく感じました。お弁当作りから、小学生を送り出すまで座ってる間もない!(きっと皆、同じでしょう^^;) 夫が仕事に行けば掃除、洗濯だれもしてくれない。 フラフラしながらも取りあえず片付けて、布団にもぐり込みました。午後には微熱に下がりましたが、自転車通学の長男が、「雨が激しいから迎えに来てよ!」とTEL。「ついでにレッスン日だから送って!」…こんな日に限って、夫は集まり。
演奏会も近いから、この子が風邪引いてしまったら、部員の皆に迷惑がかかると思い、ぼんやりした頭で車の運転を。
自分ではいつものように運転してたつもりだけど、後ろの座席の長男が「ちょっと飛ばしすぎじゃない!?」と声をかける。
う〜ん、スピード感覚までマヒ?まぁ、事故しなかったからいいんじゃない^^;   
 昨夜の事、年賀状用の住所録を新しいソフトに打ちこんでいました。2日ほど前から少しずつ打ちこんで96件分終了していた
のですが、、、昨夜打ちこんだ14件分を上書き保存したら、前の96件分が全て消えてしまうというドジをやらかしてしまいました…!単純なミス!「あっ…」と思ったときは後の祭。。。PCに向かい「あ”ぁぁぁぁぁーーーっ!」と叫ぶ私…。頭にきて「もう!もう」
(牛のように連呼^^;) 横を見ると、夫がこたつに寝転びTVをのんびり見ている。…余計に腹が立つ!?
ハァ〜自分の失敗だから仕方ない、まだ時間はたくさんあると自分をなぐさめてPCを終了しました。。。
 今年も稲刈りが終わった…。毎年大変な作業ですが、1年間食べるお米です、大変な思いして当たり前!
でも…気になる腰の痛み^^;30代前半の頃は全然平気だったのに、ここ2〜3年はなかな回復しません。
「やはり若くはないんだなぁ〜」と実感する日々。これからはいたわりながら大事にしていかなくては、と思います。
仕事の為だけではなくて、今は元気な両親もいずれかは介護が必要になってくるでしょう。そんな時「私が元気でいなくては!」
と、思います。まだまだ末っ子が成人するまでは現役バリバリで働かなくっちゃぁ〜!
 月曜はゴミ出しの日。分別をしていて必ずやってしまう失敗がある。
燃えないゴミ袋と、燃えるゴミ袋を二つ用意し、家中のゴミ箱を持ってきて分別をはじめる。
“これはこっち…”“これは燃えない…”って感じで分けて行く。 …が、いつも間にか反対に入れてる自分がいる!!
『またやった〜〜〜!あ〜ぁ…』 最初すごく気をつけているのにちょっと考え事するとダメなんです…。
注意力散漫、最初からやり直し。ばかだよなぁ〜、どじだよなぁ〜と思いつつ、こんな私は医者とかの失敗が許されない職業には絶対就けないね^^; (いや、なろうにもなれないが…)

〒885−0061 宮崎県都城市下長飯町381−7
TEL・FAX 0986−39−1920

自園自製・小売販売
お茶のつまがり