このペ−ジでは、お茶を使ったお菓子や、料理を紹介していきます。
             また、“こんなレシピがあるよ!”と言う方、ぜひ、教えて下さいね!

抹茶アイシングパン
 久しぶりのレシピ〜^^;
レシピと言えるような物でもありませんが、抹茶アイシングを作ってみました〜♪

卵白40g、粉砂糖180〜200g位、粉末緑茶小さじ1
作り方はとても簡単!粉砂糖の中に、少しずつ卵白を入れて、そのつどフォークで混ぜます。
もったりと重たくなって、筋ができるくらいの硬さになったら、粉末緑茶を少しずつ入れて色をつけます。量はお好みで〜(^^)v
焼きたてパンにかけると、パンの熱で早く乾きます。 クッキーやビスケットなどにもあいますよ〜♪
お試しあれ(*^_^*)
抹茶マシュマロ♪
 最近マシュマロ作りにはまっています(笑) 市販の物は香料がきついし、歯ごたえもありすぎるような感じがするので、手作りのフワフワ感がとても気に入っています。
材料(20cm×20cmのバット1枚分) 粉ゼラチン20g・水100cc・卵白2個分・上白糖10gと別に200g分けておきます。粉末緑茶大1杯
まず、耐熱ボールに100ccの水を入れゼラチンを入れてふやかします。次に卵白を泡立てます。少しふわっとしてきたら上白糖10gをいれ、ピンと角が立つまで泡立てます。ふやかしたゼラチンをレンジに入れ(500W)1分半加熱し溶かします。これに上白糖200gを入れ再び3分加熱。ラップはしません。メレンゲに熱いゼラチンシロップをたらしながら良く混ぜます。最後に粉末緑茶大さじ1杯を大さじ3杯の湯で溶いた物を加えさらに良く混ぜます。熱いうちにオーブンペーパーを敷いたバットに流しいれて、冷蔵庫で冷やして出来上がりです(^^)  画像はチョコクッキーでサンドした物です。
抹茶羊羹♪
 今度の即売会用に、どんなお菓子が良いだろう?と、色々考えていますが、抹茶の羊羹がとてもこの時期は良さそう!と思ったので、作ってみました♪
手間はかかりますが、その分美味しさもひとしおでした(*^_^*)
インゲンマメで作った白餡500gと、グラニュー糖250gと、水500CCに寒天7gを溶かしたものを鍋に入れ火にかけます。しばらく煮詰めて、木杓子ですくってトローッとなったところで火から下ろし、荒熱が取れたところへ、抹茶大1強を少量のお湯でといたものを混ぜます。型に入れ、2〜3時間で固まります。 つやつやの美味しい羊羹ができました(*^_^*)
 
タコのマヨ抹茶焼き♪
 食事に出かけたお店で、牡蠣のマヨネーズ焼きが出されました。 でも普通のマヨネーズではなく、抹茶が混ぜてあったのです。 とても美味しかったので、自分流にアレンジして作ってみました。
 新鮮な牡蠣は手に入りにくいので、お刺身用のタコで代用しました。 食べやすい大きさに切り、耐熱皿に並べ、インゲンマメを散らします。 マヨネーズ3分の2カップに、小さじ1杯の粉末緑茶を良く混ぜ合わせ、少しサラダ油を入れてゆるいソースを作り、上にかけます。 オーブンで10分前後焼きます。 
 食卓に出したら、「うぇ〜まずそう。。。」なんて言った子供たちですが、食べてみたら美味しかったらしくて、きれいに平らげてくれました♪
緑茶ケーキ♪
 緑茶と粉末茶を入れたケーキを作ってみました。 炊飯器で出来るので、とても簡単です♪

全卵3個を湯煎にかけながら泡立てます。砂糖50gを2回にわけて加え、さらにしっかり泡立てます。 粉末茶大さじ1杯と、大さじ(軽く)1杯の煎茶を荒く刻み、ふるった小麦粉150gに加え、泡立てた卵の中にさっくりと混ぜます。 あとは、炊飯器のお釜に入れて、スイッチポン! 炊き上がったら、ひっくり返して冷まします。砂糖水にリキュールを少々加えたものを、刷毛でスポンジに塗ります。 生クリームをゆるめにあわ立て、ケーキの上に乗せます。 ちょうど、福岡から友人が、苺の新品種「あまおう」を送ってくれたので、飾ってみました(*^_^*)  お試しあれ♪
抹茶アイス♪
 夏もそろそろ終わり。
でも、アイスクリームは季節を問わず食べたいものですよね♪ 
市販のアイスクリームミックスを使い、作ってみました。

牛乳150cc、卵黄1個分、ミックス粉、抹茶小1を混ぜてトロリとなったら冷凍庫へ。
抹茶の分量がどれくらいか分からなかったので、小1杯でしたが、もうちょっと入れてよかったと思います。 なので、うえから茶漉しで振りかけてみました♪
抹茶カキ氷♪
 猛暑続きの毎日。 どうしても冷たいものがほしくなります。 
そこで今日は抹茶のカキ氷を作りました。
 材料はコンデンスミルク大3、抹茶小1、あとみかんの缶詰と黒豆適宜。
コンデンスミルクと抹茶を、よ〜くかき混ぜます。それを氷の上にたら〜んとかけて、みかんと黒豆をちらします。 抹茶の苦味が全然感じられず、美味しくいただけます♪
黒豆でなくても小豆ももちろんいいですよ〜。 たまたま家の冷蔵庫に黒豆があっただけだから〜^^;
抹茶羊羹♪
 前回はゼリーでしたが、今回は寒天で羊羹にしてみました。
粉末寒天粉10g、砂糖大2、抹茶小1をよく混ぜます。
それを水500CC入れたなべの中に少しずつ入れ、よく混ぜます。
火にかけ、じゅうぶんに溶けて、回りが沸々し始めたら火からはずし荒熱を取ってから、器に入れます。 今回は黒豆と栗の甘露煮を入れました。  上の方も固まりかけた時に黒豆を乗せてみました(^^) 
粉末緑茶ゼリー
 粉末緑茶を使ったゼリーを作りました。
ゼリーの素5gに、ポットのお湯250CCを入れてよく溶かします。
小さなスプーン1杯の粉末緑茶と砂糖小さじ2杯をよく混ぜ合わせたものを、ゼリー液の中にいれダマが残らないようによく混ぜます。 あとはグラスに注いで冷やし固めます。
あっさりとした味わい♪ 砂糖はお好みで増減してくださいね(^^)
お茶の葉入りかき揚げ
 お茶の葉入りかきあげです。いつものかき揚げにお茶の葉をプラスするだけですが、意外とおいしいものです。 子供も良く食べますよ♪
 今日使った材料は、新玉葱、人参、茶の葉です。茶の葉は煎茶を1回飲んだものを利用しました。 乾燥した煎茶をそのままぱらぱら入れて混ぜても、カリッとして美味しいですよ(^^)
新芽の白和え
 毎日新芽を見ていると、やわらかい〜い葉っぱが普通の野菜に見えてきて、「冷蔵庫に豆腐があったなぁ〜」と思い出し、白和えを作ってみました。柔らかな葉だけを丁寧に摘み取り、さっと塩茹でして、つぶした豆腐と和えて、味付けはお砂糖と味塩、少しのお醤油であっさりと♪

煎茶をもどしてつくっても同じように出来ると思います。
抹茶のげんこつ飴
 去年、ララさんという方からげんこつ飴の作り方をおしえてもらった。
きなことすりゴマと水あめがあればあっという間に出来てしまう美味しい飴です。
その時、きなこを抹茶に置き換えて作ってみても美味しそうだな♪と思っていました。
今夜の夕食の準備が早く終わったので、
ちょっと作ってみましたよ。
きなこも紫芋パウダーがあったのでそれも混ぜてみました。
材料です。
きなこ150g 紫芋パウダー50g すりごま50g 水あめ200g 砂糖50g 塩 一つまみ
        水 大2 抹茶 小さじ山盛り1
 以上をボールに入れてよ〜くコネコネします。
 まとまったらクッキングシートの上で転がして、棒状にします、包丁で一口大に切ります。
私はさらに丸めて粉砂糖と抹茶を混ぜたものをまぶしたのですが、ちょっと苦味が。。。
子供に食べさせたら「うげぇ、にがい!ペッ」吐き出されてしまった。フン!なんてしつれいなっ!
苦いのは最初だけ、噛んでるうちに甘くなってきて美味しい♪ 大人の味なのよ^^
お茶の和え物
 上等の煎茶を飲んだ後、急須の中にきれいな緑色の茶の葉が残った時、和え物を作ってみませんか?すごく簡単なんです!茶の葉をお皿に出して、鰹節をこんもり乗せて、あとはお醤油を
少したらして混ぜるだけなんです!
 苦味もなく、でも、ほんのりお茶の香りがして、晩酌のつまみにもいけますよ♪
茎茶は枝が硬いので、食感が良くありませんが、煎茶を飲まれたらぜひ試してみてください。
 私は、ちょっと野菜不足かな?と思った日にパパッと作って食べています。
お茶かるかん
山芋を収穫したのでかるかんを作ってみました。
 山芋130gをすりおろして、すり鉢ですります。水100ccを2〜3回にわけて加えさらに良くすります。砂糖150gも2〜3回に分けて加えます。
 最後に卵白一個分を加え良く混ぜます。持ち上げてタラタラと落ちるくらいの固さです。湯のみ茶碗にカップを入れ、生地をスプーン一杯ほど入れ親指の先くらいに丸めたあんをのせ、さらに生地を上から落とします。
 強火で蒸して竹串の先に何もつかなくなるまで蒸します。
 半分は抹茶大さじ1杯を少量の水でといた物をいれて、同じように蒸します。しっとりとしてお茶に合うお菓子です。
抹茶ムース
生クリーム180mlに大さじ2杯の砂糖を入れ
 あわ立てます。
 ゼリーの素10gをポットのお湯100ccでふやかし抹茶小さじ1を加えよく混ぜます。
 クリームがあわ立ったら全部を混ぜて器に入れ冷やします。
 固まったらクリームとあんをトッピング。
 彩りよくミントの葉を飾りました。
 
 抹茶はもう少し入れた方がきれいな緑色が出たと思います。

新茶天ぷら 
やわらかな新芽がたくさん芽立ちました。
 今夜はさっそく天ぷらです。
 
 天ぷら衣にくぐらせて、低めの温度で揚げました。
 ほんのりほろ苦く、さわやかな香りの
 今でしか味わえない一品です。
抹茶ボ−ロ
抹茶大さじ1、砂糖50g、ナッツ類なんでも(ピ−ナツ・ア−モンド・カシュ−ナッツなどなど・・)を、すり鉢ですったものを、大さじ1ぱい半、卵大さじ3をボ−ルに全部入れ、よく混ぜます。
 さらに片栗粉100gを混ぜて、ラップをかけて20分ほど休ませます。
 小さく丸めた物を、オ−ブンシ−トに並べ、天板の上に置いて焦げないように上にも
 オ−ブンシ−トをかぶせト−スタ−で7分。
 時間がきたら、庫内の余熱で乾燥させます。
 カリッ!とサクサク♪ちょっぴりほろ苦。

お茶っ葉入りクッキ−
バタ−50gを柔らかくなるまでまぜます。
 砂糖40gを、2回に分けてバタ−とまぜます。
 さらに卵黄1個分を入れ、まぜます。
 ふるった小麦粉100gと、かるく刻んだお茶の葉5gを加えてさっくりとまぜ、ラップに包んで冷蔵庫で30分休ませます。 
 めん棒で5mm厚さに伸ばし、抜き型で抜きます。
 180℃のオ−ブンで約12分焼いて出来上がり。
 お茶っ葉なんて全然気になりません。
 おいしいですよ♪
筍、抹茶入り酢味噌かけ 
ゆでたての新筍、市販の酢味噌に、ちょっぴり抹茶を入れてよく混ぜます。

 あっさりと食べられました。
 おいしかったです。
抹茶入りホットケ−キ
市販のミックス粉200gに、卵1個、牛乳120cc抹茶は、小さじ2 入れました。

あとは、同じように焼いて下さい♪

抹茶味は、あまり好きでない子供達。
だま〜って出したら、気づかずに“おいしい”と食べましたよ!

抹茶入りド−ナツ
ド−ナツは、粉200g、卵1個、バタ−10g
抹茶小さじ2、牛乳30ccを、あわせて下さい。

ゆっくりと油で揚げて、少し冷めてから、抹茶とグラニュ−糖を、混ぜたものを
ふりかけてみました。

これも子供達に、好評でした♪

抹茶のお団子

市販の団子の粉、100gに、抹茶小さじ2はい砂糖大さじ1ぱい水120ccを入れ、よく混ぜます。
小さく丸めて、熱湯でゆでます。
浮かんできたら、冷水にとり、冷やします。
串にさして出来上がり。
きな粉を、かけて食べたら、おいしかったです。
もちろん、あんこもOK!
抹茶クリ−ムのケ−キ

ケ−キを焼くのは大変なので、市販のスポンジ台を利用して作りました。生クリ−ム200ccに、砂糖大さじ2はいをいれ、泡立てます。8分目位あわ立ったら、抹茶小さじ2はい入れ、しっかりあわ立てます。
後は、スポンジの真ん中にクリ−ムを塗り、表面に絞り出してかざります。末っ子(5才)は、お茶のクリ−ムまずい!とか言って、のけて食べてた・・。でも、お兄ちゃん達はペロリと食べました!!



    →これは、市販のカップケ−キにクリ−ムを乗っけただけ♪
      何のことはない、ただ、クリ−ムが
      あまっただけのこと・・・。

抹茶衣の天ぷら
これは、一番簡単。
いつもの天ぷらの衣に、抹茶を好みの量加えるだけ。
あとは、いつものように揚げて下さい。
写真の野菜は、レンコン、さつまいも、オクラに、にんじんのかき揚げです。
ほんのりお茶の香りがして、おいしかった。
いつもの天ぷらにあきたら、ちょっと目先を変えて♪